明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

会社の沿革

1968年
(昭和43年)

  • 株式会社東北佐竹製作所を設立。

1969年
(昭和44年)

  • 綱領制定。

1971年
(昭和46年)

  • 農家用米選機ライスグレーダーを発売。

1974年
(昭和49年)

  • 籾摺機の革命と呼ばれる揺動選別方式のライスマスターを発売。

1980年
(昭和55年)

  • SATAKE USA INC. を設立。

1982年
(昭和57年)

  • 佐竹利彦が科学技術振興に尽くした功績により、勲三等に叙せられた。

1984年
(昭和59年)

  • サタケ技術振興財団を設立。

1986年
(昭和61年)

  • 世界初の食味計測システム「食味計」を開発。

1988年
(昭和63年)

  • 佐竹利彦が東京大学から農学博士号を取得。

1989年
(平成元年)

  • 佐竹利彦、東広島商工会議所初代会頭に就任。
  • 世界初の高始動特性三相交流電動機を開発。

1991年
(平成3年)

  • 3代目社長佐竹覚が科学技術長官賞を受賞。
  • SATAKE UK LTD. を設立し、製粉機分野に進出。

1993年
(平成5年)

  • 佐竹利彦が東京農業大学から名誉農学博士号を授与された。

1994年
(平成6年)

  • JLPGA公認サタケジャパンクラシックを主催。
  • 英国マンチェスターにサタケ穀物科学研究所を設立。
  • 常陸宮同妃両殿下の御行啓を賜る。

1995年
(平成7年)

  • マジックライス新発売。
  • 佐竹利彦が広島大学から名誉博士号を授与された。

1996年
(平成8年)

  • 佐竹覚がマンチェスター工科大学から名誉工学博士号を授与された。
  • 10億円の基金を提供し、広島大学後援会を設立。
  • 三笠宮寛仁親王妃信子様のご行啓を賜わる。
                          

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION