明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2000年7月1日

新商品

「テイスティ ホワイト プロセス」 を開発

--- 消費拡大が図れる 全く新しい高品質米---

 ご承知のように、米穀業界は大変厳しい時代を迎えており、この状況から脱皮する一つの方法は、米の消費拡大を図ることであります。具体的には、消費者に美味しいご飯を提供することが有効な手段となります。そこで、株式会社 佐竹製作所(代表:佐竹 覚、所在地:東広島市西条西本町2番30号)は21世紀を先取りした『食品精米工場』の一環として、画期的な新商品 「テイスティ ホワイトプロセス」を発表致します。

 テイスティとは「おいしい」、ホワイトとは「白さ」、そしてプロセスとは「加工」の意味で、サタケの精米装置に、この「テイスティ ホワイト プロセス」を直結し、白米を加工しますと、食味も白度も大幅に向上します。また、白米表面に残っている糠が完全に除去され、従来の湿式や乾式より高品質の米になります 。

<特長>

 1、うま味を損なわず、食味が3ポイント向上します。

 2、白度40%の白米が、45-47%程度まで上がります。

 3、従来の湿式・乾式に比較して、精米歩留まりが、0.5-1.5%アップします。

 4、排水が全く出ないため、排水処理設備が不要です。

 5、生菌数が原料白米に対して、約50%少なくなります。

 精米装置と「テイスティ ホワイト プロセス」を直結させたシステムや、「テイスティ ホワイト プロセス」 には、当社が多数の特許を申請しております。このような製品の開発については、数年前から、国内外で強い要望が多数あり、今後、日本のみならず全世界に普及していくものと確信しております 。

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION