明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2001年8月1日

表彰

国際協力事業団より表彰

 株式会社サタケ(代表: 佐竹 利子、所在地: 東広島市西条西本町2-30)は、国際協力に貢献したとして、この度、国際協力事業団(総裁: 斎藤 邦彦、所在地: 東京都渋谷区代々木2-1-1)より、感謝状と記念品を頂きました。

写真は事業団の総裁 斎藤邦彦氏とともに

 これは、事業団の業務の推進に長年協力し、国際協力に多大な功績のあった者や団体が毎年、事業団の設立記念式典において、表彰されるもので、本年度は弊社を含め14団体、個人27名が選ばれました。
式典は、7月31日(火)、国際協力事業団本部で行われ、弊社は代表の佐竹が出席させて頂きました。

 株式会社サタケは、1896年の創業以来100年以上に亘り、米と麦を中心に、穀類の調製加工機械を開発、生産、販売し、世界140ヶ国の方々からご愛顧いただいておりますが、商品を販売するだけではなく、加工技術の普及のために教育、研修にも力を入れております。
例えば海外では、英国マンチェスター工科大学に穀類加工技術研究所を設立したり、 米国ではアーカンソー大学や、ルイジアナ州立大学で穀類研究のためのお手伝いをして参りました。そして世界各国で精米セミナーや製粉セミナーを主催して、関係者の皆様に喜んでいただいております。
国際協力事業団への協力も、こうした観点に立って行っているもので、過去30年に亘り、事業団の研修コースとして海外からの研修生を受け入れております。これまで毎年10組程度、累計1800人に、精米加工技術に関する研修をさせて頂きました。また国際協力事業団からの要請に応えて、海外に講師の派遣もさせて頂いております。

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION