明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成17年1月24日

学術

佐竹利子代表に博士号

--- 高機能性米の研究で京都大学より取得 ---

 サタケの代表 佐竹利子は1月24日、京都大学において農学博士号を取得しました。博士論文のテーマは「γ-アミノ酪酸生成による高機能性米の調製加工に関する研究」です。

 この研究は、近年、健康志向が強まり各種機能性成分を有する健康食品が開発される中で、機能性成分γ-アミノ酪酸(通称ギャバ)に焦点を当て、その効率的な生成法の開発に取り組んだものです。
ギャバには、血圧降下、中性脂肪増加抑制、ストレス軽減等の効果があり、発芽玄米に多く含まれていることがわかっていますが、本研究は胚芽米や精白米のかたちで、しかもギャバ等の機能性成分が発芽玄米と同程度に生成できる新製法について一連の成果を取りまとめたものです。
 研究の過程で得た技術の一部は、玄米・胚芽米・分つき米を短時間で活性化させてギャバを増やして炊飯する活性米コース付き炊飯器「マジックIH炊飯ジャー」として、すでに商品化されています。

今回の論文発表は、こうした新技術を広く社会に開示して産業界の技術向上に寄与すると共に、主婦の立場からも家庭生活の向上に貢献できるものと考えています。
なお、佐竹利子は平成13年4月に「米麦の調製加工機械分野の発展に大きく貢献するとともに、地域社会の振興に寄与し、教育研究活動の支援、国際交流の発展に尽力した」として広島大学から名誉博士号を授与されています。
また、弊社の二代目経営者 佐竹利彦は東京大学より農学博士号を取得し、三代目 佐竹覚も東京大学より工学博士号を取得しており、二代、三代、四代の歴代経営者が博士号を取得したことになります。社内では10名の社員が博士号を取得しており、お客様により一層お役に立つため日夜研究に励んでいます。

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION