明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成18年6月12日

受賞

プラスチック成形加工学会より「青木 固」技術賞受賞

--- バンパからバンパへのリサイクルのための塗膜除去技術 ---

受賞トロフィー

受賞トロフィー

 

 サタケは5月24日、「バンパからバンパへのリサイクルのための塗膜除去技術」により、マツダ株式会社、高瀬合成化学株式会社とともに、社団法人プラスチック成形加工学会(東京都品川区大崎5-8-5、会長:末松征比古氏)から第16回「青木 固(あおき かたし)」技術賞を受賞しました。

 「青木 固」技術賞は、プラスチック成形加工技術の進歩に貢献した技術内容を広く内外に周知すること、将来のより深い進歩を促すことを狙いとして創設され、独創的かつ優れた技術を表彰の対象としています。
今回受賞の対象となった技術は、マツダ株式会社が実施している回収バンパ再生時の塗膜除去技術で、再生材の塗膜除去率を大幅に高めることができ、強度・品質とも高い要件が求められる通常の塗装バンパへの再生利用(バンパ・トゥ・バンパ・リサイクル)を可能としました。
この受賞技術の中でサタケは、機械式の塗膜除去工程の後に、穀物中の異物や着色粒を除去する光学選別機(マジックソーター)の技術を応用し、塗膜除去工程を行った後の再生ペレット(バンパーを細かく粉砕したもの)を選別工程にかけ、塗膜が除去しきれていないペレットを光学センサーにより検知・選別して取り除く技術を担当しました。これにより、塗膜除去率を従来の99%から99.9%程度にまで高めることを可能としました。

 

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION