明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成19年4月19日

新製品

日本初 完全自動化「連続式温湯消毒設備」を開発

--- 栃木県JAなすの 全国に先駆け導入 ---

 このたびサタケは、種籾の消毒装置で日本初となる全工程を完全自動化した「連続式温湯消毒設備(KS02A)」を開発しました。その第1号が、JA那須野農業協同組合(通称:JAなすの、栃木県那須塩原市住吉町2-5、代表理事組合長:椎名正二氏)の黒羽種子センター内に設置され、4月19日に竣工式が行われました。

JAなすの 連続式温湯消毒設備

 温湯消毒とは農薬(薬液)を使わず「お湯」だけで種籾を消毒する方法で、有機栽培などで利用されています。近年、環境保護の観点から農薬使用量の削減が課題となっており、残留農薬ポジティブリスト制度の施行と併せ、種子センター等の大規模施設における温湯消毒の導入が注目を浴びています。これまで、種籾を小分けにして個別に少量処理するバッチ式の温湯消毒装置はありましたが、種子センター等の大量処理には適さず、また各工程に多くの作業者が必要とされるなど、コスト面での改善も課題となっていました。
 新開発の「連続温湯消毒設備」はこのような問題を解決し、毎時処理能力2トンの大量処理を可能にするとともに、種籾投入から消毒・乾燥に至るまでのすべての工程を全自動で行うことにより、人件費の削減や安定した品質の種籾を生産することができます。
 JAなすのでは、食の安全・安心や人件費削減等を考慮し、従来の農薬(薬液)から連続温湯式へと種籾消毒の方式を切り替え、本装置の導入を決定しました。同JAでは、来年(平成20年)2月に総量350トンの種籾を処理する計画となっています。

以上

>>>「連続式温湯消毒設備」の概要

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION