明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2015年3月25日

海外

韓国最大の製菓・製パン企業から製粉プラント受注

― 実績と技術力が評価され製粉プラントを増設 ―

 サタケ(本社:広島県東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、韓国最大の製菓・製パン企業であるSPCグループの製粉会社「ミルダウォン社」から、日産160トンのハード小麦用製粉プラントを2014年12月に受注しました。2015年12月竣工予定です。


ミルダウォン製粉工場の外観

製粉工場の内部(1)


 SPCグループは、韓国国内でベーカリーFC店(パリバケット)を約3200店舗も展開し、過去25年間フランチャイズベーカーリー売上げ連続1位、マーケットシェア約80%を誇る韓国最大の製菓・製パン企業で、中国、米国、ベトナム、シンガポール、フランスにも進出し約180店舗を運営しています。


 サタケは、SPCグループの1つである製粉会社「ミルダウォン社」から、2009年に日産480トンのハード小麦(強力粉)用製粉プラント(Aミル)を、2011年には同360トンのソフト小麦(薄力粉)用製粉プラント(Bミル)を受注しました。その後、この2つのラインがフル操業の状態になってきたことから、生産能力に余裕を持たせるため、2014年に日産160トンのハード小麦用製粉プラント(Cミル)の増設計画が持ち上がりました。これまでの2ラインが順調に稼働していること、サタケの製粉技術を高く評価いただいていることから、引き続きサタケが2014年12月にCミルを受注しました(2015年12月完成予定)。Cミルは、ライ麦、デュラム小麦も挽ける兼用ラインで、ライ麦パンやパスタの原料に使われます。


以上

別紙


ミルダウォン製粉工場の概要


  1. 事業者(発注者)  Mildawon(ミルダウォン)
  2. 所在地      大韓民国世宗市
  3. 仕様能力     Aミル:ハード小麦用製粉プラント 480トン/日
             Bミル:ソフト小麦用製粉プラント 360トン/日
             Cミル:ハード小麦用製粉プラント 160トン/日
  4. 供給範囲     製粉設備全般
  5. 契約・稼働    Aミル:契約2009年10月、稼働開始2011年1月
             Bミル:契約2011年7月、稼働開始2012年12月
             Cミル:契約2014年12月、稼働開始2015年12月予定

製粉工場の内部(2)

製粉工場の内部(3)


以上

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION