新型サイクロン(レシーバー)の採用により、穀物へのダメージの少ない搬送が可能になりました。さらに搬送空気の温湿度をコントロールし、水分の変化(損失)を最小に抑えることができます。