明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

社員紹介

エンジニアリング本部設計部プラント1課/高田慎平

“使いやすいプラントとは?”を常に沈思黙考

さまざまな機械を組み合わせたプラントを設計

ー 現在の業務内容は?
 現在の業務内容は、3DCADを使用して、国内のカントリーエレベーターやライスセンターなどの内部に設置するタンクや乾燥機、籾摺機などの単体機械を組み合わせたプラント設計を行っています。“設計”と一言で言っても、営業担当者と連携してお客様に提出し受注をいただくための図面設計や、受注いただいた後にお客様と能力仕様などの細部まで打合せて行う図面設計など、様々あります。

 1日の大まかな流れは下記の通りとなっています。(出張や緊急・特命業務があった場合は若干異なります)
8:00ごろ【会社到着】  
8:20ごろ【ラジオ体操】 その後朝礼を行います。
8:30〜 【始業】 前日までやっていた業務内容を見返し、今日行うことを確認した後、業務を開始します。内容によっては他部署の人と打ち合わせを行うこともあります。
12:00〜12:45【昼休憩】 昼食後、先輩や同期と談笑します。前日、夜更かしをした日には、昼寝をすることも・・・。
12:45〜【業務再開】 午前中に引き続き業務を行います。まだまだ一人では解決できないものもあるので、上司や先輩に相談しながら一つずつ片付けます。
17:15 【業務終了】 


たくさんの部署との連携・協力

ー 入社前とのイメージとの差異は?
 就職活動をしている中でプラント設計という業務について調べ、大まかなイメージは持っていたつもりでした。しかし実際に入社してみると、営業担当者と打合せを行ったり、施工工事を行う担当者と電話でやり取りをしたりと、自分が思っていたよりも沢山の部署と連携・協力をしながら、業務が行われているということを知りました。


地元・広島からグローバルに展開

ー サタケを志望した動機は?
 1つ目は、サタケが自分の地元である広島の企業であったからです。サタケを発展させることで、広島をさらに元気にしたいと思います。2つ目は、サタケがグローバルな展開をしているからです。社内には海外経験豊かな社員が沢山います。将来的には、自分も海外での案件に関わりたいと思います。


「使いやすいプラントとは何か?」

ー 入社して感じるサタケでの「やりがい」とは?
 お客様にとって、使いやすいプラントを設計することにやりがいを感じます。知識や経験が少ないため、まだまだ一人前ではありませんが、一つ一つの仕事をコツコツと積み重ね、徐々にレベルアップを図りたいと思います。そのためにも、普段から「使いやすいプラントとは何か?」ということを考えています。


プラント建設の現場で学ぶ

ー 仕事で苦労したこと・失敗したことは?
 入社後、現在の部署に配属されるまでの半年間、プラントの建設現場での研修を日本各地で行いました。何もかもが初めての中、現場に設置してある様々な機械やそのシステムについて、その時疑問に思ったことをその場で質問して解決しておけば、現在行っている業務にも非常に役立ったのではないかと後悔しています。


疑問に思ったことをすぐに質問

ー どうやってそれを乗り越えましたか?
 現場研修での後悔を二度としないよう、今では疑問に思ったことをすぐに調べたり上司に聞いたりするなどして、できるだけ早めに解決するよう心がけています。さらに、自分自身も普段から設計の勉強を行い、スキルアップに努めています。


「信頼される人材」を目指して

ー 将来のイメージや目標、夢とは?
 「信頼する」から「信頼される」人になることが目標です。信頼されるためには、知識や経験が豊富であることはもちろん、豊かな人格も必要です。仕事を通じて沢山の方と出会い、その方々の良い所を吸収しながら、誰からも信頼される人材になりたいと思います。


体力づくりと映画鑑賞

ー 勤務終了後や休日の過ごし方は?
 平日の勤務終了後は、ジムに通い、体を鍛えなおしています。学生時代に部活動で行っていたサッカーを本格的に再開したいと思っています。また、映画鑑賞も一つの趣味なので、映画を観にいくこともあります。 休日は自宅でのんびり過ごすこともあれば、広島県外へ思い切って遠出することもあります。


皆さんへのメッセージ

 学生のうちに、海外へ旅行してみることをおススメします。私自身、学生時代に短期間ではありますが、アメリカに行っていたことがあります。今思い返すと、その時の経験で得た「視野を広くもって物事を考えること」は就職活動、また現在の業務にも役立っていますし、何より、何物にも変えがたい思い出となっています。就職活動は、自分自身を見つめなおす非常に良い機会です。興味のある業種・職種ばかりを調べるのではなく、幅広い視点で様々な企業に目を向け、就職活動を行ってみてください。


【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION