明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

社員紹介

技術本部 炊飯加工チーム/双和祥二

サタケのモノづくり精神を次世代へ継承

業務用炊飯設備の設計を担当

ー 現在の業務内容は?
 私たちのチームでは、穀物加工機器の設計開発をしています。例えば、コンビニエンスストアや学校給食向けの大量のご飯を生産する炊飯設備などがあります。
 その中で、新しい加工方法の基礎試験や試作機の検証等を行う試験業務、機械の設計図を作成する設計業務などを担当していますが、お客様の設備を調査する目的や営業担当者と同行してお客様と打合せする目的で、出張が月に数回程度あります。

 入社以来、現在の部署に所属していますが、業務自体に若手時代と大きな変化はないものの、後輩が多くできてより指導する側の立場になったため、他部門を含め、周囲が仕事をしやすい環境をつくるようにしています。


これまでの苦労が喜びに

ー 印象に残っている業務・成果・失敗体験とは?
 新しい機械を開発する上で(1)イニシャルコスト・ランニングコストを抑える(2)メンテナンス性に優れる(3)高精度・高品質である、などの様々な留意すべき要素があります。これらすべての要素を多角的に鑑みて開発を進めなければならず、並大抵の努力では1つの機種を開発することは成しえません。
 そうしたものを踏まえながら、基礎試験から設計まで、初めて全ての工程に携わった、節水型の大豆を洗う装置の開発が、自分の中で最も印象に残っています。
 大規模工場では、水道代や排水処理費用がかさむため、節水は大きなメリットになるものの、これに相反して豆をきれいに洗うためには多くの水が必要となっていました。そこで、洗う水が少なくても豆をきれいにする装置を開発すべく、多くの方からアドバイスを受けて、試行錯誤を繰り返し、何度も試作品を作り直しました。
 最終的には、大手の味噌メーカー様にメリットを評価いただき、採用していただきましたが、これまでの苦労が喜びに変わった瞬間でした。


常識に囚われず果敢にチャレンジ

ー サタケの魅力、やりがいとは?
 サタケの魅力は業界の常識に囚われずに、果敢にチャレンジできる環境があることだと思います。 私が開発した機械はどれも、一般の方がほとんど目にすることの無いものばかりですが、その機械を経てできた商品はコンビニエンスストアやスーパーで販売されています。そういった商品に協力できていることがとても嬉しく、手にとって見たり、実際に食べたりしながら、大きなやりがいを感じています。


モノづくりの風土・レベルを継承

ー これから取り組もうとしている課題・目標は?
 中堅社員として、後輩と上司、他部署と自部署を繋ぐ、社内の良きパイプ役になり、活気のある職場にしたいですね。また、サタケで育まれたモノづくりの風土・レベルの高さを継承し、さらに良いものへと発展させていきたいと思っています。そのために、自分自身これまで以上の努力を重ね、今のサタケを作り上げた先輩から沢山のことを学びながら、新しいことにチャレンジしていきたいと思います。


腐らず、謙虚に前向きに頑張る

ー どんな後輩と一緒に働きたいですか?
 一生懸命で前向きな人と共に働きたいと思います。仕事をする中では、失敗はつきものです。鼻っ柱を折られることもありますし、他人と意見がぶつかったりすることもあります。ですがそういった時に腐らず、謙虚に前向きに頑張ることができる人は、社会人として非常に魅力的であると感じます。


常に新しいことを学び、吸収する努力

ー 企業人・社会人としてやっていくための“コツ”や“ツボ”は?
 自分自身もまだまだ模索中ですが、常に新しいことを学び、吸収する努力が必要だと思います。学生時代に学んでいなかったことが、社会人で必要になることもあります。私自身、業務以外にも資格試験に挑戦するなど、学ぶ意欲を持ち続けています。 また、自分の生活の基礎となる家族や仲間と過ごす時間や、趣味など自分が夢中になれる時間を作ることも重要です。私は会社の仲間と野球やマラソン、バンドをする時間が支えになっています。


皆さんへのメッセージ

 就職活動中は、色々な思いが頭を巡ってしまい、多くのことで悩まれると思います。まずは自分自身で必死に悩んで欲しいと思います。しかし、それだけでは気が滅入ってしまいますので、友人や家族、大切な人に相談してください。特に、学生時代の友人は社会人になった後も、支えや刺激となってくれる貴重な存在ですので、大切にしてください。


【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION