明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

SATAKE TOUR (会社概要)

【事業分野4】環境機器の分野

食を生産する裏には、さまざまな副産物や廃棄物がある。ゼロ・エミッション、循環型社会が標榜される今日において、いかに資源を有効に利用するかということは、重要な課題となっている。また、エネルギー源として化石燃料を使えば二酸化炭素は増加する一方だが、植物由来の原料を使えば二酸化炭素の平衡状態「カーボンニュートラル」を実現することができる。

サタケは食の分野で培ってきた技術を活かし、環境の分野にも積極的にチャレンジしている。例えば食品残さや家畜ふん尿の「堆肥化プラント」や間伐材や籾殻などを利用した「バイオマスガス化発電プラント」、雪の冷熱を利用した「雪氷室」など。

今までは「厄介者」だったものも、発想を転換すれば「資源」となる。また家電や車のプラスチック部品をリサイクルする分野にも取り組んでいる。ここには精米や米の選別技術などが応用されている。一粒一粒に着目する技術は今、「食品」という枠を超えて大きく広がってきているのだ。

製品ラインナップ

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION