明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

知っ得!お米のアレコレ

お米の学校

田んぼでお米ができるまで

春の田おこし、代かきにはじまり、苗づくり、田植えをしたあとも肥料を与えたり、防除をしたりとさまざまな手入れをして、秋には実った稲を刈り取ります。

刈り取った籾がご飯になるまで

田んぼで刈り取った状態の米を「籾(もみ)」と言います。籾は、長く保存できるように「乾燥」させます。次に、籾殻(もみがら)をはがして「玄米」を取り出す「籾摺(もみすり)」をします。

未熟米などを「選別」で取り除いたあと、玄米の外皮である「ぬか」を削り取って「白米」にする「精米(せいまい)」をします。この白米に水を加えて炊くと、やわらかいご飯になります。

お米の種類

世界のお米を分類すると、ジャポニカ米(短粒種)・ジャバニカ米(中粒種)・インディカ米(長粒種)という大きく3つの種類に分けられます。それらはさらに、多くの品種に分かれています。
また、でんぷんの性質や、用途などによる分類もあります。

おいしく食べるコツ

お米を洗いすぎると、うまみ成分が流れ出てしまうことがあるので、軽くかき混ぜるように洗うのがミソです。
炊き上がったらすぐにかき混ぜ、空気を含ませるようにほぐすと、ふっくらご飯に仕上がります。
お米を保存するときは、密閉容器に入れて、冷蔵庫のような涼しい所で保管することが大切です。

白米の栄養成分

白米には炭水化物をはじめ、タンパク質、鉄分、カルシウム、ビタミンなど、いろんな栄養成分が含まれています。また、どんなおかずとも組み合わせやすく、バランスの良い食事をとることができます。

GABAライスってどんなもの?

お米には本来、健康に役立つ栄養成分が多く含まれています。その栄養成分を、手軽に、美味しくとれるのが「GABA(ギャバ)ライス」です。栄養成分を作り出す、お米自身の力を活用したGABAライス加工技術は、多くの方から注目されています。



【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION