先輩の声

檜田 康平

暮らしに影響をおよぼす
エンジニアを目指し「日々勉強」

檜田 康平

技術本部 選別チーム
2016年入社

あなたの仕事内容は?

光選別機の試験業務を中心に修行中

技術本部選別チームに在籍し、エンドユーザーさんから頂いた声を元によりよい製品に改良する開発に携わっています。

現在は各機種の試験業務や各機種の特徴や仕様を勉強し、知識を増やしている段階です。他にも、設計業務にも少しずつ取り組んでいます。今はまだ先輩に付いて勉強しながらですが、CADの画面に向かって奮闘中です。

入社前と入社後の違い

パスタや樹脂まで守備範囲の広さが魅力

入社前は、やはりお米の機械というイメージがあったのですが、現在の選別チームに配属されて実感したのですが、米だけでなくコーヒ豆からパスタまでさまざまな穀物・食品に対応して機械を開発しています。
食の分野だけでなく、樹脂ペレットの選別機などさまざまな分野にサタケの機械が入っており、技術の応用の幅広さに驚きました。この機械はどんな仕組みになっているのか、あの機械はどうやって動いているのかと興味津々で勉強しています。 それらの製品どれにも関わる可能性があるので、メーカーとして面白みのある会社です。

目指していること

自ら考えたもの、ことを形にできる

まだOJT期間ですが、積極的に意見を言える環境があると感じます。若手社員でも提案するチャンスがあって、提案内容が本当にいいものであれば、それが製品に取り入れてもらえるのです。設計業務では部品の形状を決めたり、開発試験では試験項目を考えたりすることで、もちろん先輩方の手直しは入りますが、いい点はそのまま残してもらえます。
たとえば先日は、選別機のカメラの視野幅を調整する部品について、どんな具合に調整するか私が考えたものが採用されました。若手社員でも自分で考えて仕事に取り組み、意見を反映できる環境にやりがいを感じています。今はまだ関わる範囲が限定的ですが、少しずつ成功体験を積んで一人前のエンジニアとして新しい機械の開発を担当したいです。

仕事の難しさ・失敗談

あの大先輩も同じミスを!?

私はチームで使用する部品の発注業務も行うのですが、ロット数を間違えてしまい大量のネジを注文してしまい、情けなくって気持ちが沈んでいました。 すると意外な大先輩から「気にするな、俺も昔同じようなことをした」と慰めてくれたのです。こんな凄い大先輩でも昔はそんなミスを?と疑いましたが、そのおかげで沈んだ気持ちも吹き飛びました。単純なやつでしょ(笑)それでも得た学びは、タスクが重なった時ほど凡ミスをしてしまうということです。少しずつですが、うまく業務をこなしてスケジュールを制御できるようになってきたと思います。

残業0について

基礎から学びなおすチャンス

サタケの魅力のひとつに “残業0”があります。他の会社がどうかわかりませんが、サタケは組織的に定時退社を促す雰囲気があって、平日5日すべてが間違いなく定刻通りに終業。みんな家路につきます。仕事が終わった後に自分の時間をしっかり持てることは仕事にとってもいい影響がありそうです。というのも定時に家に帰れば健康的な食事ができますし、寝るまでに時間があれば、興味のあることを勉強する時間が持てます。

実はいま電気の基礎を学び直していて、不思議なもので学生の頃は嫌々勉強してきたことですが、仕事で知識を使うようになってあらためて勉強したいと思うようになったのです。架空の題材で勉強するより本当の機械を作る場面で勉強する方が圧倒的に楽しいということがわかりました。

プライベートの時間について

車・バイク・野球と充実のプライベート

もちろん遊ぶ時間も大切です。プライベートが充実していないと仕事に張り合いがありません。私は社宅に住んでいますが、住民同士で家を行き来して一緒に食事をしたりお酒を飲んだりします。ドライブやバイクでツーリングにも出かけるのも趣味です。バイクは同僚に誘われて買いました。ツーリングに出かけるだけでなく、仕事で得た知識を活かしてカスタムもします。と言ってもスプレーで外装を塗装するくらいです。それから基本的には休日だけの活動ですが、会社の野球チームでピッチャーとして試合に出ています。仕事も野球もチームワークが大事です。小中高大とずっと野球をやってきた私にとって、自分の得意分野を生かして色んな世代の社員と深く関われるのもこの会社のいいところかと思います。

仕事の難しさ・失敗談

“残業0”と言えば聞こえはいいですが、残業をしないためにはそれだけ段取りよく仕事を片付ける必要があります。私が社会人になって痛感した学生との違いは1日の時間制限です。1日の限られた時間の中で、どのようにスケジューリングするか考えて、期日通りにタスクをこなしていかなければなりません。ビジネスでやっている以上は、いかに時間を短縮してコストを下げるかという視点で仕事に取り組む必要があるのです。仕事の優先順位を明確にして、やらなければいけないこと確実に済ませていくことの難しさを感じています。設計するにも機能や耐久性を担保しつつも、生産工数がかからないものを設計してこそ利益になり、ひいてはお客様に安くていいものを提供できることになるのです。

一覧へ