先輩の声

懸田 美波

システム開発は
机上の専門知識だけでなく
三現主義、創造力、コミュニケーション力も必要

懸田 美波

佐竹電機 開発課
システムエンジニアコース卒
2013年入社

現在の業務内容は?

工場内の動きをソフトで可視化

工場内の動きをソフトで可視化

精米工場やカントリーエレベーターなどの工場内にある機械をグラフィック化して、パソコン上で機械の動きを確認したり、操作をしたりすることができるソフトを作成しています。基本的にデスクワークがほとんどですが、実際に現場へ行き、お客様と接する機会もありますし、私ができる範囲で上司や先輩の手伝いをすることもあります。一日一日を積み重ねていくごとに、パソコンやシステムに関する知識だけではなく、電話対応などのビジネスマナーも少しずつ習得しています。

入社前とのイメージとの差異は?

スケールの大きい仕事に驚き

佐竹電機で今の仕事をし始めてから、精米工場などの中に入っているシステムが日本全国に限らず、海外にも導入されていることを知りました。入社前に想像していた以上のスケールの大きい業務であることに、とても驚きました。

サタケを志望した動機は?

女性が活躍できる職場環境

“女性が働きやすい職場”ということに、とても魅力を感じました。社内に保育室があり、育休・産休取得の徹底や時間短縮勤務制度など、仕事と育児を両立できる制度があり、女性の管理職の方もいますので、より一段と整った環境であり女性が活躍できる職場だと思います。 学生時代に学んできたことを無駄にすることなく働くことができることも、志望した理由の一つです。

入社して感じるサタケでの「やりがい」とは?

新人だからこそ求められる意見もある

自分ができる仕事は任せてもらえますし、新人だからこそ求められる意見もあります。そうやって“私”という人間が認められたときに、とても仕事に対してのやりがいを感じます。これから月日を重ね、また違った“やりがい”を求めて頑張っていきたいと思います。

仕事で苦労したこと・失敗したことは?

現場の知識の必要性を痛感

現場の知識の必要性を痛感

仕事をする際に、工場に入っている機械の名前や機能などの知識がほとんどないため、ソフトを作成する際にイメージが湧きにくく、まったく作業が進みませんでした。そのため分からないことがあっても、何が分からないのか、うまく上司に伝えることができず、自分の知識不足を痛感しました。

そこで、イメージしやすくするために上司の出張に同行し、実際の工場内を見学しながら機械の説明をしてもらいました。それ以外にも、少しずつ機械のことを社内のマニュアルなどで調べたり、上司や先輩に聞いたりすることで、以前より知識がついたと思います。 現在までたくさんの人に支えられ、乗り越えて来ました。これからも周りの人への感謝を忘れず、人と人との繋がりを大切にして、仕事に励んでいきたいと思います。

将来のイメージや目標、夢とは?

仕事と家庭・子育ての両立を目指して

後輩から慕われ、頼られる社員になっていたいです。現在はたくさんの方々に支えられ、助けられて仕事をしていますが、自分が後輩を支えられるようになっていたいです。 また、将来は結婚をして、仕事と家庭・子育てを両立していきたいと思います。

勤務終了後や休日の過ごし方は?

バドミントンで運動不足を解消

平日の勤務終了後は、近場にご飯を食べに行ったり、岩盤浴へ行ったりしています。また、週に一回職場の皆さんとバドミントンをして、日ごろの運動不足を解消しています!!!休日は、ショッピングをしたり、広島に限らず、中四国地方の美味しい食べ物を食べ歩いています(*^^*)長期休暇には岩手県にある実家に帰り、家族や友人と充実した休みを過ごしています。

皆さんへのメッセージ

就職活動では、まず自分自身を知ることが大切だと思います。そして自分を知った上で、個性を活かして就職試験に望めば、自ずと結果が出てきます。また、企業説明会などにも積極的に参加して、いろいろな分野の仕事を見ることで新しい発見がたくさんあると思います。そして、特に私が就職活動中に気を付けていたのは“第一印象”です。第一印象は3〜10秒で決まり、1〜2年、もしくは十数年と長い間、相手の方は自分に対して全く変わらないイメージを持つものだそうです。 面接試験だけに限らず、企業説明会などの場面でも、自分の“第一印象”を良い形で相手に印象付けることができるように取り組んでみてください。応援しています!

一覧へ