先輩の声

加藤 亮

全社一丸となって得た、
お客様からの感謝

加藤 亮

システム事業本部 中四国事業所
経営学科卒
2004年入社

現在の業務内容は?

食の安全を守る選別技術

食の安全を守る選別技術

米や米以外の穀物や食品、プラスチック業界のお客様に、当社製品の提案を行っています。サタケはお米の加工機メーカーというイメージが強いと思いますが、お米の加工・選別の技術は他の分野からも注目されています。皆さんが普段食べているご飯はもちろん、味噌・納豆といった加工食品の原料、普段身に着けている衣服、文房具などの原料の選別にも当社製品が活躍しています。私は、普段何気なく食していたり、使用している物の「安心・安全な品質」を実現させるため、お客様に選別機を中心に提案営業を行っています。

入社当時から、新規事業開拓の業務を行っていますが、入社当初は覚えることだらけで、あっという間に1日が進み、気づけば月日も経っているという状況でした。現在は、目標に対する達成計画を立て、月間・週間のスケジュールを組んでいます。自分が担当するお客様の数も増え、スケジュールは常に埋まっている状況です。また、中堅社員となり自分だけではなく後輩のスケジュールの管理も行うようになりました。

印象に残っている業務・成果・失敗体験とは?

チームワークでお客様のご要望に全力で対応

自分が携わった案件については、全て記憶しています。成功事例として、サタケが建物の建築から機械まで全てを一括して受注した、加工・選別設備についてご紹介します。お客様の要望は一つ。しかし、当時その要望に対応できる製品がサタケにはありませんでした。しかし、短期間で全社協力したことによって新しい装置・システムを製品化することができ、受注することができました。営業・技術・設計・電気・施設・試験担当部署が一丸となりお客様の満足を得られ、大変印象に残っています。その結果、お客様からは高い評価をいただき、現在もなお、お取引させていただいています。受注できた物件は特にそうですが、お客様からの「感謝」をいただいた瞬間は、格別の思いがあります。その「感謝」を貰えるよう、日々業務に取り組んでいます。

サタケの魅力、やりがいとは?

部門間連携による実現力

部門間連携による実現力

サタケは小さな提案でも大きく飛躍させる力があります。高い技術力はもちろんのこと、各部門のエキスパートが協力し、一つの提案をチーム一丸で形にし、結果を残して行きます。困った時のフォロー体制も充実していますし、チャレンジを具体化していくための応援体制も整っており、連携して業務に取り組めることが魅力です。
また、自分を飛躍させるための教育も充実しており、業務を通じて成長を実感できることから、仕事のやりがいを毎日感じています。

これから取り組もうとしている課題・目標は?

チームとしての解決能力を向上

これから私に求められることは、マネジメント力の向上だと考えています。これまでは個の発想で、課題や問題の解決、物件の成約などを考えてきました。これからは目標達成に向けての取り組みを、チームで行うことが必要であると考えています。そのチームのリーダーとなり、役割分担の決定や業務管理、時にはトラブルのリカバリーを行うなどのマネジメントを行いたいと考えています。

どんな後輩と一緒に働きたいですか?

目標を共有し、解決策を考え抜く

自分の考えを持ち発言・行動できる人材と働きたいです。「ただ聞くだけ」「言われたことだけをやる」そんな人材では、その先に何の成長もありません。目標を共有し、達成するための解決策を一緒に考え、答えを導き出すことができれば、部内の結束も高まると考えます。現在も課内に後輩がいますが、常に考えることを意識してもらっています。考えることにより問題意識も養われ、即座に対応できる人材に成長しています。

企業人・社会人としてやっていくための“コツ”や“ツボ”は?

「自分の情報」として敏感にキャッチ

社会人になると、学生時代にはない責任が自分自身に付いてきます。常に緊張感を持って日々過ごすことが大切です。また、日々新しい情報が自分の周りを飛び交います。しかし、新しい情報を「自分の情報」として吸収できない人は、環境の変化に対応できません。色々なことに興味を持ちながら、日々を過ごしてください。社会人になる前から、入社する会社の情報はもちろん、社会情勢や業界情勢などを事前に集めておくと、いざ入社した時に、良いスタートを切れるだけでなく、環境の変化にも柔軟に対応できると思います。

皆さんへのメッセージ

就職活動を行うにあたり色々な企業を調べることは、みなさんにとって初めての取り組みだと思います。昨今は、調べる方法も沢山あり、企業の情報を簡単に集めることができますが、ただ闇雲に調べても自分の希望に合う企業はなかなか出てきません。例えば、企業に勤める以上は何らかの形で社会貢献することになります。自分が社会貢献したいことは何なのか、どのような形で貢献したいのか、そこに在るべき姿を想像した時に、どの職種ならそれが実現可能かなど、しっかりとした基準を持って調査すれば、自ずと業種・企業は絞られて来ます。
また、インターネットで会社ホームページを見るだけでなく、積極的に企業説明会などに参加して下さい。実際にその会社の人の話を聞くことで、会社のイメージがより鮮明になるだけでなく、インターネットだけではわからない企業の考え方を知ることができます。サタケはお米を通じて、国内はもちろん、世界中の食文化に貢献することを目標にしています。またお米の加工・選別技術を応用して、もの造りにおける「安心・安全な品質」にも貢献しています。ぜひ一度、サタケの説明会にも参加してください。サタケが身近に感じることができると思います。
それでは、健康に気を付けて、就職活動を楽しんで下さい。

一覧へ