先輩の声

森田 聖法

専門分野の先頭を走って周囲を引っ張り、
新たな風を社内に起こす

森田 聖法

生産本部 生産技術チーム
(現在は技術本部 新規技術開発室に異動)
分子生命機能科学専攻了
2006年入社

現在の業務内容は?

生産工程設計や新工法の研究

生産工程設計や新工法の研究

生産技術チームとしての業務は、生産工程設計や作業時間や材料の査定、新技術・新工法の研究と確立など多岐にわたります。その中で私は、塗装指示、塗料の試験、樹脂成型機のオペレータ研修、クレーム対策の立案、コストダウン提案など、様々な業務に携わっています。他には、自部署ではなく他部署から依頼される業務もあります。

若手時代は、上司や先輩社員から指示された業務を行っていました。その際は、業務ごとに全体の流れを教えてもらい、期日までに完了させるよう、自分でスケジュールを作って仕事をしていました。現在との一番の違いは、自分の専門分野ができて、その先頭に立って業務を行うことが増えたことです。自分の考えを反映させることができるようになりましたが、その分責任も重くなったと感じています。

印象に残っている業務・成果・失敗体験とは?

相手の思いを理解しつつ、根気強く議論を重ねる

韓国で大型の製粉プラントを建設する際、小麦粉を入れる大きなタンクの塗装指導を行うために出張しました。はじめのうちは、現場の長と作業手順に関して意見が衝突することも多く、非常に苦労したのですが、根気強く議論を重ねた結果、こちらの指示通りの塗装をしてもらうことができました。相手の思いを理解しつつ、こちらの思いに沿って仕事を行ってもらうことの難しさを学ぶことができた一件です。

サタケの魅力、やりがいとは?

「まずは行動してみる」

「まずは行動してみる」

サタケの魅力は、新しいことに挑戦する際に背中を押してくれる上司が多いことだと思います。新しいことをやろうとすると、必ず障害が発生します。失敗してしまうリスクもあり、本当に挑戦するべきか迷うこともありますが、そのような時に「まずは行動してみる」というのが、サタケの考え方です。この考え方のもと、困難な目標でも積極的に取り組んでいます。

これから取り組もうとしている課題・目標は?

他部署と一体となって新しいものを開発

私が所属している部門が今後、開発部門である技術本部などの他部署と一体となって新しいものを開発していくという「新しい風」を会社の中に起こしていきたいと思います。そのためには、技術本部のみならず、プラントの設計を担当しているエンジニアリング本部とも、積極的に情報や知識を共有する必要があります。その中で、私に期待されていることは、後輩の育成とさらに高いレベルの加工技術を習得することです。前者を行うことにより仕事のノウハウを後輩へ確実に伝え、私自身は習得した技術を生産現場においていかに発揮するかを考えることができます。将来的には、そこで学んだ技術をもとに、技術本部やエンジニアリング本部に対して的確な提案やアドバイスができるようになりたいです。

どんな後輩と一緒に働きたいですか?

明るく元気なコミュニケーション

元気はつらつとしていて、こちらが依頼・指示したことに対して、理解できなかったことやおかしいと思うこと、気が付いたことを積極的に質問してくれるような人と一緒に働きたいと思います。逆に、言われたことだけをこなす「指示待ち」の方と共に仕事をしたいとは思いません。仕事というものは、全て人と人の間で行われています。明るく元気にコミュニケーションを取ることが、良い仕事を行うためには必要です。

企業人・社会人としてやっていくための“コツ”や“ツボ”は?

真剣に仕事と向き合い、やりがいを見つける

学生時代からの切り替え方・・・・自分は仕事をして給料をもらっている、ということについて深く考えてみて下さい。

環境への慣れ方・・・・まずは自分から職場でコミュニケーションを取ってみて下さい。その内、話しやすい人が少しずつ見つかり、徐々に職場にも慣れていくと思います。

ストレスとの付き合い方・・・・働きはじめてすぐは、慣れない環境のせいで様々なストレスがかかってしまうと思います。そのためにも休日は、友人や家族と共に過ごしたり、自分の趣味に没頭するなどして、しっかりリフレッシュを図って下さい。働くということは、必ずしも楽しいことばかりではありません。本来、仕事というのは厳しくてつらいものです。その中で真剣に仕事と向き合い、やりがいを見つけることによって、つらかった仕事が段々と楽しくなります。

皆さんへのメッセージ

社会人になると、学生ほど時間を自由に使うことができなくなります。友人や恋人と存分に遊んだり、旅行に行ったりするなどして、楽しい思い出を沢山作って下さい。社会人になって、仕事で壁にぶち当たったとき、嫌なことがあったときに学生時代の友人たちがきっと支えになってくれます。

一覧へ