先輩の声

村上 碧

常に情報収集を怠らず、
お客様の最新情報を更新

村上 碧

食品事業本部 東京営業所
(現在は食品営業推進室に異動)
国際政治学科卒
2007年入社

現在の業務内容は?

マジックライスなどを販売

マジックライスなどを販売

マジックライス(アルファ化米)、マジックパスタ(アルファ化パスタ)といった非常食や家庭用精米機「マジックミル」を、個人様、企業様、自治体様や量販店様などに販売しています。また食品メーカー様に対して、サタケが製造したマジックライスやパスタを、材料(具材)用に販売することもあります。これらは、その後各メーカー様でインスタント食品などに加工され、販売されます。

一日のスケジュールとしては、営業所内で見積書を作成したり、直接お客様のところへ行って商談を行うなど様々です。 若手時代と比べ、販売方法などについて上司と検討する機会が増え、またOJTトレーナーとして新入社員の後輩の育成指導を行ったり、相談に乗ったりすることが増えています。

印象に残っている業務・成果・失敗体験とは?

お客様の視点に立って仕事をする

販売した商品がお客様のところで在庫過多を起こしてしまい、返品となってしまったことがあります。これは、お客様の販売数量や在庫状況などについての分析が甘く、たくさん販売したいというこちらの思いが強過ぎて、お客様にとって最適・有益な営業ができなかったものと反省しました。この出来事をきっかけに、営業担当者はお客様のことを他の誰よりも詳しく把握しておかなければならいと思い、毎日最低1つはお客様情報を入手し、常に情報を最新のものにするよう努めています。

サタケの魅力、やりがいとは?

サタケの幅広い商品群

サタケの幅広い商品群

サタケの最大の魅力は、自分が成し遂げたいことがあれば、実現できる環境にあるということです。サタケでは非常食などの食品から、精米機や選別機などの機械まで、食に関わる様々な製品を販売できます。お客様へ提案、販売したいという意欲と実行力があれば、それを支援してくださる方々が周りにたくさんいます。

これから取り組もうとしている課題・目標は?

お客様の真のニーズを理解

お客様が必要としている商品を見極め、心に響く提案ができるようになることが課題です。また、お客様からは現在進行形で沢山の課題をいただいていますので、それらを一つずつ解決していくことにより、真にお客様に求められているものを見出すことも課題の一つです。

どんな後輩と一緒に働きたいですか?

周囲を巻き込み、チームでレベルアップ

1つ目は仕事も遊びも、どちらにも徹底的に前向きに熱中できる人です。 仕事はチームで行うものですので、たとえ経験がなくとも前向きな人がチームにいれば、 それだけで雰囲気は明るくなり、どんな難しい問題にでも立ち向かえる環境が整うからです。
2つ目は、自分だけでなく周囲と共に成長したいと考えている人です。一人では視野が狭くなり、考え方も偏りがちになります。そうなると、成長のスピードは鈍り、到達点も低いものとなります。個人が成長するだけでなく、チーム全体で成長した方が、会社としてより大きな業績・成果を出すことができますので、周囲を巻き込む力のある方と働きたいと思います。

企業人・社会人としてやっていくための“コツ”や“ツボ”は?

すべての経験が“肥やしとなる”

私が心がけていることは、何でも“肥やし”にするということです。良い体験は当然ですが、失敗したり自分の思い通りにならないことなどで抱えるストレスさえも”肥やし”として捉え、前向きに取り組むことが大切だと思います。 また、仕事以外の好きなことに没頭する時間を作ることも重要だと思います。私の場合は読書などで心を静かに落ち着かせることで、自分自身と向き合い、心の整理・気持ちの切り替えをしています。

皆さんへのメッセージ

就職活動中は、業種・職種問わず様々な企業を知る事ができます。しかし、企業ホームページだけでは会社のことはほんの一部しか知ることができません。会社を知るためには、その企業のことを徹底的に調べ、そこで働く人に徹底的に質問する必要があると思います。せっかくの機会ですので、この特権をフル活用してください。将来、一緒にお仕事できることができれば幸いです。

一覧へ