先輩の声

永町 公太

「お客様が本当に求めているもの
は何か」を追求

永町 公太

食品事業本部 東京営業所
言語文化学科卒
2013年入社

現在の業務内容は?

非常食などの販売を推進

非常食などの販売を推進

マジックライスやマジックパスタなど、サタケが製造している食品の営業をしています。地方公共団体や警察、また食品卸業者様や防災製品卸業者様などのお客様に、非常食の備蓄として営業推進するだけではなく、アウトドア用品としても営業推進をするため、お客様からいただくご要望は様々あります。それら全てのご要望に応えられるよう、日々お客様からの情報収集を行っています。

またこちら側からも、お客様にとって有益な提案を行うべく、販売戦略を考える事も日々の業務のひとつです。

入社前とのイメージとの差異は?

仕事によって得られるものを実感

学生時代、「仕事は『楽しくない』『辛い』もの」というイメージを持っていました。しかし、実際に社会人となって様々な経験をすると、楽しい事もたくさんあるということに気づきました。例えば、社内外どちらにおいても様々な年代の方と関わり、自分の知らない世界がたくさんあることを実感できるなど、限られたコミュニティの中で過ごす学生時代とは大きく異なっています。また休日には、これまでは金銭的に余裕がなかったためにできなかったことに対して、思い切った投資ができます。このように、学生時代のイメージとは全く異なった充実した日々を過ごしています。

サタケを志望した動機は?

米分野の川上から川下まで、世界に展開

1つ目の理由は、サタケが私の地元である広島の企業であり、日本全国だけではなく、世界においても展開していることに魅力を感じたことです。2つ目の理由は、お米の分野において川上から川下まで様々な製品を作っている、信頼度の高い企業だということです。

入社して感じるサタケでの「やりがい」とは?

チャレンジしたいことを支援する体制

自分がチャレンジしたいと思っていることに対して、会社が積極的に応援してくれることにやりがいを感じます。上司や先輩方からだけでなく、様々な業種のお客様から色々なこと教えてもらいながら、日々チャレンジしています。

仕事で苦労したこと・失敗したことは?

お客様の真のニーズを探求

お客様の真のニーズを探求

お客様に提案をする際に、その内容がお客様の目線に立ったものでなかった結果、商談がスムーズに進まないことがあります。いくらこちら側が売りたいと思っても、それがお客様にとって必要のないものであれば、それは全く意味を成しません。「お客様は一体何を求めているのか」それを見つけ出すことに仕事の難しさを感じます。ですが、それこそが仕事の醍醐味でもあり、楽しみながら仕事するよう心がけています。
お客様のニーズとのミスマッチを防ぐため、商談を行う前に、準備を徹底的に行っています。ですが、私一人ではわからないことや判断できないことも数多くあるので、上司や先輩方への相談をこまめに行い、アドバイスしてもらうようにしています。

将来のイメージや目標、夢とは?

食品事業をさらに広く、大きく

部門の売上をこれまで以上に伸ばすことが目標です。食品事業本部はサタケの事業分野の中で歴史が浅く、これからも売上を伸ばす余地が大いにあります。そのために、さらなる努力を重ねて、売上に貢献したいと思っています。そして、5年後、10年後にはエースとして、部門全体を引っ張っていくことのできる人材になりたいです。

勤務終了後や休日の過ごし方は?

カメラ片手の散策でリフレッシュ

休日は学生時代からやっているサッカーをしたり、カメラを片手に都内や郊外を散歩しています。のんびりと散歩をしていると仕事の疲れや気持ちをリフレッシュできますし、普段何気なく見ているものにも注意がいき、新たな発見があったりしてとても楽しいです。

皆さんへのメッセージ

自分のやりたいことが何かを明確にすることが大事だと思います。明確な目標があれば社会人になった後も、強い意志をもって仕事に打ち込むことができます。その一方で、就職活動は様々な業種を自分の目で確かめることができるすばらしいチャンスです。チャンスを逃すのはもったいないので、この時期を大切にしてほしいです。就職活動中はつらいことも多いと思いますが、「笑顔」を忘れず頑張ってください。

一覧へ