明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

No.16-012 / 2016年4月5日

国際海事展「SEA JAPAN 2016」に出展

― バラスト水生物検査装置を紹介 ―

バラスト水生物検査装置

 サタケ(本社:東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、4月13日~15日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「SEA JAPAN 2016(主催:UBMジャパン株式会社)」に、バラスト水生物検査装置を出展します。


 「SEA JAPAN」は、2年に一度開催される、国内最大の国際海事展です。海事産業の最新技術やサービスを求める業界関係者が世界中より多数来場します。今回サタケは、バラスト水中の生物数を簡単に推定できるバラスト水生物検査装置を出展します。


 国際航路を運航する船舶のバラスト水(※1)については、有害水生生物及び病原体が本来の生息域外へ運ばれ排出されることによる生態系への影響などの問題が指摘されています。こうした問題を受けて、国際海事機関(IMO)は、2004年2月にバラスト水管理条約(※2)を採択しました。同条約ではバラスト水中の生物個体数について、排出基準が定められています。サタケはバラスト水中の生物数を推定するため独自の分析手法「Pulse counting FDA」を開発し、2015年5月に国際海事機関第68回海洋環境保護委員会にて承認されました。今後、同条約の発効に伴い、寄港国検査(PSC)を実施する各国官庁や船社におけるバラスト水生物検査装置の需要が見込まれています。


 なお、サタケブースはジャパンパビリオン内JPN-26ブースと同テーマゾーンJPNTM-02です。開催時間は午前10時より午後5時までです(出展機の概要は別紙を参照)。


(※1)バラスト水…船舶の復原性を保つための重しとして用いられる水。積荷が少ない場合に船内へ取り入れ、積荷が多い場合に船外へ排出する。
(※2)バラスト水管理条約…正式名称は「船舶のバラスト水および沈殿物の規制および管理のための国際条約」。条約の発効要件は、30ヵ国以上の国が批准し、かつその合計商船船腹量が世界の全商船船腹量の35%以上となった日の12ヵ月後である。2016年3月現在での批准国数は49ヵ国、商船船腹量は34.82%。


以上

別紙

1.展示会の概要

  • 名  称:SEA JAPAN 2016
  • 会  期:2016年4月13日(水)~15日(金)の3日間
         10:00~17:00
  • 会  場:東京ビッグサイト 東5・6ホール
  • 主  催:UBMジャパン株式会社
  • 出展対象:造船、舶用機器、その他

2.サタケの出展予定

  • バラスト水生物検査装置
ブース出展方法
ジャパンパビリオン内
(JPN-26)
パネル展示
実機実演
ビデオ放映
ジャパンパビリオン内
テーマゾーン(JPNTM-02)
パネル展示
実機展示
ビデオ放映


3.バラスト生物検査装置の特長

バラスト水生物検査装置は、バラスト水管理条約のバラスト水排出基準(D-2基準)で規定されているLサイズとSサイズの生物個体数の推定を1台で行うことができ、IMOに認められています。


以上

(本リリースへのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION