明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

No.16-013 / 2016年4月11日

バラスト水生物検査装置を新発売

― 無料モニターキャンペーンを4/20より実施 ―

バラスト水生物検査装置

 サタケは、バラスト水中の生物個体数を簡単・迅速・高精度に推定する「バラスト水生物検査装置」を4月13日より新発売します。
 また、同検査装置を気軽にお試しいただける「無料モニターキャンペーン」を、4月20日より実施します。


 国際航路を運航する船舶のバラスト水(※1)については近年、有害水生生物及び病原体が本来の生息域外へ運ばれ排出されることによる生態系への影響などの問題が指摘されています。そこで国際海事機関(以下IMO)は、2004年2月にバラスト水管理条約(※2)を採択し、バラスト水中の生物個体数について排出基準を定めました。今後、同条約の発効に伴い、寄港国検査(PSC)を実施する各国官庁や船社などにおいてバラスト水生物検査装置の需要が見込まれることから、サタケは同検査装置の開発に着手、2015年5月には独自に開発した分析手法「Pulse counting FDA」が、IMO第68回海洋環境保護委員会にて承認されました。その後も製品化に取り組んできましたが、このたび開発が完了、「バラスト水生物検査装置」として4月13日より販売を開始します。


 同検査装置は、最小サイズが50マイクロメートル以上(Lサイズ)の生物個体数と、最小サイズが10マイクロメートル以上50マイクロメートル未満(Sサイズ)の生物個体数の両方(※3)を1台で推定できます。サンプリングしたバラスト水に試薬を加え、装置にセットし、開始ボタンを押すだけの簡単操作で、Lサイズ生物なら約10分、Sサイズ生物なら約30分と迅速な推定が可能です。またコンパクトに設計されており、陸上と船上との間も容易に持ち運びできます。メーカー希望小売価格は250万円(税抜)。海運会社や海事関係検査機関などへ、年間100台の販売を見込んでいます。


 なお、同検査装置を無料で貸し出し、お客様に試用していただく「無料モニターキャンペーン」を、4月20日より実施します。貸出可能期間は最大3か月です。


 (バラスト水生物検査装置および無料モニターキャンペーンの詳細については別紙参照)


(※1)バラスト水…船舶の復原性を保つための重しとして用いられる水。積荷が少ない場合に船内へ取り入れ、積荷が多い場合に船外へ排出する。
(※2)バラスト水管理条約…正式名称は「船舶のバラスト水および沈殿物の規制および管理のための国際条約」。条約の発効要件は、30ヵ国以上の国が批准し、かつその合計商船船腹量が世界の全商船船腹量の35%以上となった日の12ヵ月後である。2016年3月現在での批准国数は49ヵ国、商船船腹量は34.82%。
(※3)…バラスト水管理条約で規定されているバラスト水排出基準では、1立方メートルのバラスト水に含まれるLサイズ(最小サイズ50マイクロメートル以上)生物個体数は10未満、1ミリリットルのバラスト水に含まれるSサイズ(最小サイズ10マイクロメートル以上50マイクロメートル未満)生物個体数は10未満


以上

別紙

バラスト水生物検査装置の概要

■特長

1. Lサイズ、Sサイズ両方の生物個体数を1台で推定
 試薬および測定モードの選択により、Lサイズ(最小サイズが50マイクロメートル以上)の生物個体数と、Sサイズ(最小サイズ10マイクロメートル以上50マイクロメートル未満)の生物個体数の両方を、1台で推定できます。

2. 簡単・迅速・高精度な推定が可能
 サンプリングしたバラスト水に含まれる生物個体数が1個体から検出でき、高精度な推定が可能。手順は、まずバラスト水からサンプルを取り出し、試薬を加えて生物個体を染色。染色はLサイズ生物の場合10分、Sサイズ生物の場合30分で完了します。あとは検査装置にセットして開始ボタンを押すだけ、1分で結果が表示されます。

3. コンパクトサイズで船上への持ち込みが容易
 持ち運びが容易なコンパクト設計。付属の専用バックパックにより、陸上から船上、船上から陸上への運搬も容易に行えます。


















■測定原理

 試薬(染色剤)を加えて生物個体を染色したサンプルを、回転子で撹拌させながら励起光(※4)を照射、検査部分を通過した生物の蛍光を検出器で連続的に測定します。得られた信号がしきい値以上ならば生きた生物としてそのパルス(信号)数を計数します。
 計数したパルス数(装置計数)と、実際の生物個体数(顕微鏡計数)とは、右下図のように比例します。そのため、得られたパルス数より、検体中に含まれる生物数を推定することができます。

(※4)励起光…対象物から蛍光を発生させる元となる光。バラスト水生物検査装置の場合、青色の光を照射すると緑色の蛍光が放出される。


■仕様

型式VOA1000
測定対象生物最小サイズ50μm以上の生物(Lサイズ)および
最小サイズ10μm以上50μm未満の生物(Sサイズ)
センサ光電子増倍管
測定時間Lサイズ:染色10分、測定1分、Sサイズ:染色30分、測定1分
表示装置タッチパネルディスプレイ
電源AC100~240V 50Hz/60Hz
寸法幅270mm×高さ127mm×奥行350mm

■無料モニターキャンペーンの概要

 1.実施期間 :2016年4月20日~2017年2月28日(※最終貸出は2016年12月1日)
 2.貸出可能期間 :最大3か月
 3.貸出料金 :無料 (※詳細はサタケ産業システム部までお問い合わせください)


以上

(本リリースへのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION