明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

No.16-020 / 2016年5月25日

業務用精米機「ミルコンボ・摩擦3段タイプ」を新発売

― 粒感のしっかりした米飯に仕上がる精米を実現  ―

ミルコンボ・摩擦3段タイプ

 サタケ(本社:広島県東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、精米工場向けとして、粒感のしっかりした米飯に対応する業務用精米機「ミルコンボ・摩擦3段タイプ」を、6月1日(※1)より新発売します。


 外食産業や中食産業などの業務用途において、米飯に求められる性質は調理メニューごとに異なり、近年多様化しています。寿司や丼物などの場合、酢やつゆの通りがよく、粒感のしっかりした米飯が求められますが、同じ原料米であっても、精米工程によって米飯の性質は変化します。


 摩擦式(※2)の精米工程において、ヌカを削るためには圧力を加える必要がありますが、圧力が高すぎると削りすぎが発生し、炊飯した際に柔らかいご飯となる場合があります。寿司や丼物などに求められる粒感のしっかりした米飯にするためには、なるべく低い圧力でヌカを削る必要があります。


 「ミルコンボ・摩擦3段タイプ」は、摩擦式の精米室を3室備えており、それぞれの精米室を順に通過する際にヌカが削られます。3室に分散させることで、従来の1室あるいは2室タイプの精米機に比べ、低い圧力でやさしく精米できます。削りすぎることなくヌカを取り除くことで、粒感のしっかりした米飯に仕上がります。また、残留米除去機能を装備し、生産ロットの切替時間が3分と迅速に切替えできます。最低30kgからの小ロット精米が可能で、多品種少量生産にも対応します。


 メーカー希望小売価格は1,800万円(税抜)。精米工場向けに、年間20台の販売を見込んでいます。(製品の詳細は別紙を参照)


(※1)一部客先へは先行販売済み
(※2)玄米同士の摩擦作用により、ヌカを取り除く精米方式


以上

別紙

業務用精米機「ミルコンボ・摩擦3段タイプ」の詳細

■特長

1.粒感のしっかりした米飯に仕上がる
 3つの精米室を備え、低圧でやさしく精米するため、削りすぎることなく、粒感のしっかりした米飯に仕上がります。
2.ロット切替時間は3分、多品種少量生産に対応
 残留米除去機能を装備し、生産ロットの切替時間が3分と迅速に切替えできます。最低30kgからの小ロット精米が可能で、多品種少量生産にも対応します。
3.操作性に優れたカラータッチパネル
 操作部にはカラータッチパネルを採用。運転操作がわかりやすく、運転状況を常時確認することができます。

■精米工程比較例(ヌカ除去比率)


■仕様                        ■寸法(単位:mm)

型  式MCS40A- FFF
最大処理能力3.2~4t/h(玄米) ※1
対象原料日本国内産短粒種玄米 ※2
最小ロット30kg ※3
ロット切替時間3分
所要動力 57.9kW
質量1,650kg
集糠風量・静圧
36 m3/min・1.0 kPa
使用空気量・圧力
800NL/min・0.49MPa
使用環境 温度5~40℃、湿度80%以下
電源三相200V、50 Hz/60 Hz

※1 標準設定の場合。原料・求める品質・メンテナンス
頻度によって変動します。
※2 仕上品質を任意に定める場合はこの限りではありま
せん。
※3 リターン米用昇降機に残留する玄米を精米中に除去
できる性能を有する装備がある場合に限ります。

以上

(本リリースへのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION