明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

社員紹介

技術本部 制御開発チーム/川野 祥吾

自分の専門に留まらず、幅広い知識を習得

製品に搭載される基板を設計

ー 現在の業務内容は?
 現在の主な業務は、サタケの製品に搭載される制御基板の設計です。電子回路の設計から部品選定、基板の部品レイアウト等を考え、仕様を満たす基板をどのように製作するかを考えます。また設計時は、部品メーカーへの問い合わせや基板業者への見積もり依頼など、社外とのやり取りも行っています。実際に基板の生産が開始する際には、製造工場へ出張に行き、生産品や生産用治具に問題が無いか確認することもあります。


設計だけでなく全体の工程に携われる

ー 入社前とのイメージとの差異は?
 入社するまで私が抱いていたイメージは、メンバーそれぞれに担当分野があり、私の場合は設計がメインの業務になる、というものでした。しかし、実際入社してみると、私の仕事は設計だけに留まらず、メーカーの選定や、生産用治具の検討、生産立会いなど、様々な仕事を行う機会があります。全体の工程に携わることで、幅広い知識の習得に繋がるだけでなく、「生産する際には、ここの設計がこのようになっていた方が良い」など、改善に繋がるアイデアが浮かぶこともあります。


将来的は積極的に育児参加する「イクメン」に

ー サタケを志望した動機は?
 仕事と家庭の両立に対して積極的に取り組んでいる点です。社内保育室を設けているところや、男性社員の育児休暇取得を推奨するなど、社員のことをとても大切にしている点に 魅力を感じました。将来的には、私も育児休暇を取得し、積極的に育児に参加する「イクメン」になりたいと思います。


「実際に製品をつくっている」という強い実感

ー 入社して感じるサタケでの「やりがい」とは?
 製品を製作する際、全体の工程に関わることができる点にやりがいを感じます。設計のみを担当するのではなく、設計から生産時までの全てに関わっているので、「実際に製品をつくっている」という強い実感を持つことができます。


知識不足も仕事を通じて勉強

ー 仕事で苦労したこと・失敗したことは?
 私は学生時代に回路設計の勉強をしていたので、入社後その知識をすぐに仕事に活かせると思っていました。しかし、実際入社してみると学生時代の知識だけでは解決できない問題も多く、仕事を通じて勉強しています。
 また、実際に製品を作る際には、仕様を満たす設計を第一に考えるだけでなく、いかにコストを抑えるか、いかに納期に間に合わせるか、いかに品質を良くするかなど、様々な問題に立ち向かう必要があります。それらの問題に対し、バランスを保ちながら解決まで進めることに楽しさと苦労を感じます。


優先順位を考え仕事を進める

ー どうやってそれを乗り越えましたか?
 仕事の進め方を先輩方に教えていただきながら、経験を積んでいくことで乗り越えていきました。コストの検討方法や納期の管理方法を教えていただき、優先順位をどのようにすれば良いか自分で考えることで、どのように仕事を進めていけばよいか学んでいきました。 もちろん、失敗をしてしまうこともありますが、なぜ失敗したのか、どうすれば次は成功するかを必ず考えて、同じ失敗を二度としないよう心がけています。


ハード、ソフトどちらにも対応できるエンジニア

ー 将来のイメージや目標、夢とは?
 現在は基板の設計など、ハードウェアの分野しか担当していませんが、今後はソフトウェアの分野にも挑戦していきたいです。10年後には、ハードウェア、ソフトウェアどちらも対応できるエンジニアになることが目標です。


社内のカープファンたちと野球観戦

ー 勤務終了後や休日の過ごし方は?
 休日は会社のテニスサークルに参加しています。また、社内のカープファンで集まって野球観戦に行くこともあります。他には、学生時代の友達と飲み会を開いたり、旅行に行ったりしています。


皆さんへのメッセージ

 就職活動の段階では会社について分からないことが多く、不安になることもあると思います。そこで、企業説明会や実際に社員と交流する催しなどのイベントに積極的に参加し、どんな些細なことでも良いので、直接質問してみてください。そうすればHPやパンフレットだけでは分からなかった部分が見えてくると思います。実際に自分が仕事をするイメージを明確にさせていくことで、新たな可能性が出てくるかもしれません。サタケも合同企業説明会や会社説明会などを各地で開催する予定ですので、是非参加してみてください。


【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION