明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

社員紹介

技術本部 製粉加工チーム/馬場 真法

上昇志向を生み出す風通しのよい職場環境

小麦製粉関連機械の開発

ー 現在の業務内容は?
 技術本部の製粉加工チームで、「加水システム」の開発に向けた様々な試験や、その際に必要となる資料の作成を行っています。「加水システム」とは、小麦粉を製造する際、小麦に水を加えることによって生産性や歩留りを良くする工程があるのですが、その水を加える作業を自動で行うシステムのことです。他には、海外のお客様のところへ行き、実際に機械を設置したり、メンテナンスを行うこともあります。


精米機だけでなく、幅広い分野へ事業展開

ー 入社前とのイメージとの差異は?
 就職活動をする前までは、“サタケ”といえば“精米機”というイメージを抱いていましたが、就職活動をする中で、精米機だけでなく、お米が収穫されてから販売されるまでの全ての工程に携わっていることを知りました。また近年では、GABAライスの開発や環境分野への進出など、様々な分野で活躍していることにも驚きました。


社員のための福利厚生も充実

ー サタケを志望した動機は?
 地元企業として幼い頃から知る機会があったことと、精米機メーカーとしての実績はもちろん、福利厚生もしっかりしていると聞き、興味を持ちました。


立場に関係なく、良い意見は積極的に採用

ー 入社して感じるサタケでの「やりがい」とは?
 年齢、社歴に関係なく発言できることです。誰が提案しようが、その意見が良いものであれば、チーム一丸となって取り組む風土がサタケにはあるので、新入社員でも発言することができ、常に高い意識のもと仕事を進めていくことができます。


自分一人では解決しきれない

ー 仕事で苦労したこと・失敗したことは?
 お客様の現場で機械の調整を行っていた際、全く想定してなかったトラブルに見舞われ、すぐに対応できなかったことです。対応できないということは、お客様に損害を与えるということと同じ意味であり、ひいてはサタケにも損害を与えてしまいます。このように、自分1人の問題として解決できないという点で仕事の厳しさを感じました。


技術の蓄積であるマニュアルを活用

ー どうやってそれを乗り越えましたか?
 現場に持参していたマニュアルの中に、トラブル解決のヒントとなるものがあり、それをもとに解決しました。普段であれば、すぐにマニュアルを参照して解決できるはずなのに、突然のトラブルだったため焦ってしまい、マニュアルをすぐに参照することができませんでした。この経験から、「平常心でいること」が非常に大切であるということを痛感し、トラブルが発生しても、落ち着いて対応することを心がけています。


技術的知識と行動力を兼ねそろえたエンジニアに

ー 将来のイメージや目標、夢とは?
 高度な技術的知識と行動力を兼ねそろえたエンジニアになりたいです。上司や同僚に「馬場に任せておけば大丈夫」と言ってもらえるよう、社内の人間やお客様と信頼関係を構築しながら仕事に取り組みたいと思います。


長期休暇も有効に活用

ー 勤務終了後や休日の過ごし方は?
 最近ゴルフを始めたので、仕事が終わってから練習をしています。休日は友人と遊びに出かけることが多いです。また、サタケではGWやお盆、年末年始といった長期休暇もきちんと取ることができますので、旅行にも沢山行きます。


皆さんへのメッセージ

 就職する会社を選ぶときに、沢山の会社に興味を持って就職活動をするよりも、興味のある会社のみに絞ってしまうことも、1つのやり方だと思います。私自身、就職活動の際はサタケ1本に絞って就職活動を行いました。私の場合は極端かもしれませんが、1社に絞ったことにより、沢山の時間をサタケに使うことができたので、顔を覚えてもらえただけでなく、何よりサタケのことを良く知ることができました。


【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION