明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

SATAKE TOUR (会社概要)

【事業エリア2】シェア、輸出先

高度な専門性と独特のノウハウが求められる精米加工の分野は、新たに市場参入するのはハードルが高く、まさにサタケの独擅場となっている。それは、精米プラントにおける国内市場占有率90%という数字にもよく表れている。この数字は、生産量で日本の50倍の規模を持つ世界市場ではさらに顕著で、なんと95%という圧倒的なシェアを確保しているのだ。

さらに、米と小麦、とうもろこしという世界の3大主食分野を主な事業領域とするサタケでは、1980年のアメリカでの現地法人設立を皮切りに、積極的に世界市場への展開をはかっている。現在では、北・南米、中国をはじめとするアジア各国、イギリスに5生産拠点、9営業拠点を開設し、その製品は世界140カ国以上へと輸出されている。精米・製粉業界においては「SATAKE」は世界のトップブランドであり、その技術はグローバル・スタンダードの地位を確保しているのだ。

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION