明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2001年4月24日

授与

佐竹代表に名誉博士号授与

 株式会社 佐竹製作所(所在地: 東広島市西条西本町2-30)の代表 佐竹利子に4月24日、広島大学より名誉博士号が授与されました。

 授与理由は「農業機械分野、特に米麦の調製加工機械分野の発展に大きく貢献するとともに、地域社会の振興に寄与し、「財団法人サタケ技術振興財団」及び「財団法人広島大学後援会」を通して、広島大学の教育研究活動の支援、国際交流の発展に尽力した」との事。
 また、名誉博士号とは別に、広島大学に多大なる貢献があったとして、故覚代表と利子代表にそれぞれ記念のメダルが授与されました。これは両代表を含め現在まで3人という名誉あるものです。

 本人だけでなく、多事多難な道を共に乗り越えた故覚代表と二人で、更には、弊社の全社員が頂いたものと感激し、大変名誉なことと感謝致しております。広島大学の名誉博士号は6人目で、日本人としては3人目となります。これを機に、一段と業界並びに、地域社会への貢献に努めて参りたいと存じます。

 技術のサタケと呼ばれる背景の一つに、博士号がありますが、弊社におきましてはこれで、2代、3代、4代の歴代経営者が名誉博士号や博士号を頂いたことになります。
 またこの3月、弊社の副社長 福森が岡山大学で、食味研究室長の三上が広島大学で博士号を頂き、社内では9名の者が頂いたことになります。お客様により一層お役に立つためには、社員のレベルアップが欠かせません。全社員がより高い目標に向かって挑戦して参ります。

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION