明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2001年7月9日

竣工

大型堆肥化施設竣工

--- サタケ環境分野に進出 ---

当社は人類の二大主食である米と麦を中心に、穀類の調製加工機械を開発、生産、販売していますが、お客様のご支援のおかげを頂き106年に亘る歴史を刻んでいます。現在では、栽培から食卓にのぼるまで、全ての工程の機械を生産し、あらゆる米麦の情報が提供できるトータルテクノロジーの食品産業総合企業として、日本はもとより、世界140ヶ国のお客様にご用命をいただいています。
 そのサタケが、お客様の多種多様なご要望や様々なニーズにお応えして、環境分野に進出、家庭用・業務用の生ゴミ処理機、自然の雪・氷を利用して野菜や穀物を保存する氷室・玄米倉庫、畜産廃棄物を堆肥化する設備等々を開発し販売しています。

そしてこの度、木島平村(事業主体: 木島平村役場、所在地: 長野県下高井郡木島平村大字往郷)に納入した大型堆肥化施設が完成、7月9日、竣工式が行われました。
 施設の特長は、吸送気微生物発酵方式とサタケ独自の最先端計測制御技術により、ランニングコストが低く、安定した完熟堆肥を得ることができます。
 環境保全が大きな社会問題になっている中、お客様の堆肥化設備への関心は非常に高く、契約のお問い合わせが殺到しています。

木島平村有機センター

資材の混練設備

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION