明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2002年10月11日

表彰

3種類の小型無洗米設備を開発

 株式会社サタケ(代表: 佐竹利子、 所在地: 東広島市西条西本町2-30)は、この度、多くのお客様のご要望にお応えして、小型の無洗米設備を開発致しました。しかも、お客様の経営戦略に最適な方式を選んで頂けるよう「NTWP方式」と「SJR方式」そして「別方式」の3種類を一挙に品揃え致します。
 その内、今回はNTWP方式の「テイスティ ホワイト ミニ」とSJR方式の「スーパージフ ミニ」を発表させて頂きます。

 昨今、食品の「偽表示事件」や「情報の隠ぺい」等が大きな社会問題となり、食の安全確保が強く叫ばれている中で、弊社設備はいずれも、不可解な「ブラックボックス」と違い、これまで通り、公開主義に徹し、安全・安心・美味しいを基本コンセプトに開発しておりますので自信を持ってご導入頂けます。

 平成2年、弊社は精米後の白米を洗った米と同じ状態に加工する設備として「ジフライス」を開発致しました。そして「スーパージフライス」へと発展し、食味の良い衛生的な無洗米設備として全国に普及しています。
 一方、平成12年には、21世紀の全く新しい米「TWR」を作る設備「NTWP (ネオ・ テイスティ・ホワイト・プロセス)」を発表、業界に無洗米ブームを巻き起こしました。
 以来、9月末現在まで、ネオ・テイスティ・ホワイト・プロセスの設置は、全国で稼動中が49工場、施工中14工場、商談中60工場、海外でも米国3工場、中国1工場となっており、スーパージフライス(ジフライス)は稼働中66工場、商談中.2工場。お陰さまで爆発的な人気を頂いております。
 今後とも無洗米市場が更にブレイクし、業界がますます発展しますよう、全力を尽くして参りますので、よろしくお願い致します。

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION