明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成15年3月13日

NTWP特許権侵害差止請求事件にサタケ勝訴 

 

 本日(3月13日)、大阪高等裁判所において標記訴訟の判決が下され、弊社が勝訴致しましたことをご報告申し上げます。
 本事件は、㈱東洋精米機製作所(以下、「トーヨー」という)が一審判決を不服として大阪高等裁判所に控訴していたものです。大阪高等裁判所は一審判決を支持し、「本件控訴を棄却する」とした弊社勝訴の判決を言い渡しました。
 下記に本件の概要をご説明申し上げます。  

1.経 緯
(1) 平成12年7月17日、トーヨーが、弊社のNTWPとそれで製造した米(TWR)はトーヨーの「洗い米」特許(特許第2615314号)を侵害するとして、大阪地方裁判所に「特許権侵害差止請求事件」を起こしました。
(2) 平成14年1月31日、大阪地方裁判所は「原告(トーヨー)の請求を棄却する」とした弊社勝訴判決を下しました。
(3) トーヨーは一審判決を不服とし、平成14年2月5日、大阪高等裁判所に控訴しました。

2.今回の司法判断
(1) 今回の控訴審判決は、一審判決を全面的に認め、争点の「洗滌」および「除水」について、「NTWPはトーヨーの特許と明らかに技術内容が異なる。」との明確な見解を改めて示しました。
(2) 判決により、NTWPはその独創性が認められたことになり、NTWP特許(特許第3206752号:平成13年7月6日登録)は、トーヨーの特許と全く異なる新しい発明であることが再確認されました。

3.弊社所感
今回の勝訴も当然予想されたものでした。洗い米特許と技術内容が明らかに異なるNTWPまで訴えてきたトーヨーの行為は、法の精神を逸脱した、まさに権利の濫用としか言いようがありません。事実、司法の明快な判断によりトーヨーの主張は、再度排斥されました。
また、無洗米に係る特許係争の根源になっている洗い米特許2件についても、ご承知の通り、昨年3月、特許庁から特許無効の判断が下されましたが、トーヨーが東京高等裁判所に提訴して、現在、審決取消請求事件として審理が行われています。いずれ高裁判決が下されますが、最終的には、特許無効審判事件をはじめ、弊社の主張が全面的に認められるものと確信しており、弊社は、引き続き各事件(裁判)に全力で対応致しますので、各位の一層のご理解・ご支援をお願い申し上げます。

以上

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION