明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成15年3月27日

サタケ代表 中国糧油学会の名誉副理事長に就任 

 

 株式会社サタケ(所在地:東広島市西条西本町2-30)の代表 佐竹利子は、中国人民共和国 中国糧油学会(CCOA)の名誉副理事長に任命され、河南省で開催している「サタケ セミナー」において3月27日伝達されました。
 当学会で役員に就任した外国人は、これまで 弊社前代表の佐竹覚(1999年名誉副理事長に就任)だけで、今回二人目になります。
 これは、中国における弊社の貢献が中国当局に高く評価されているもので、今回の任命により 日中両国の食糧・油脂分野の繋がりが、より一層深くなるものと期待されております。
中国糧油学会は1985年に設立され、食糧・油脂分野における技術開発計画、標準化、近代化等に関して、中国中央政府に対して方針の提言をすることが主な役割です。
また、中国内外における技術会議、シンポジューム、セミナー、展示会、出版、技術指導、講習会等の開催を担当しています。
 当学会は国家糧食局と中国科学技術協会と深い関係があります。
 組織としては、貯蔵専門分科会、油脂専門分科会、飼料専門分科会、食品専門分科会の四つの専門分科会があり、委員会としては、組織工作委員会、学術交流工作委員会、国際連絡工作委員会、科学普及出版工作委員会、科学技術諮問工作委員会の五つがあります。
 「サタケ セミナー」は、サタケと中国糧油学会、河南省糧食局が主催している「佐竹糧食精深加工技術検討会」で、河南省鄭州市において3月27日-29日まで開催。
 内容は、穀物加工技術及び副産物の利用についての講演で、関係者360名と新聞4社が参加しています。
 特に河南省は中国一の小麦の産地で、今回は弊社が開発した新しい製粉技術が メインテーマとなっています。
 弊社は世界140ケ国で事業展開しているグローバル企業ですが、中国では現在次のような事業を展開しております。
<本社との連絡事務所としては>
1994年 サタケ北京駐在員事務所 開設
<独資のグループ企業としては>
1997年 穀類総合機械製造を目的に 佐竹機械(蘇州)有限公司 設立
2000年 ソフト開発・基盤設計を目的に 佐竹軟件技術(上海)有限公司 設立
<合弁企業としては>
1995年 精米工場として 北京華藤示範米業有限公司 設立
1995年 精米工場として 吉林省徳恵佐竹金穂有限公司 設立
1995年 製粉工場として 北京佐竹精麦麺粉有限公司 設立

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION