明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成15年5月26日

FOOMA JAPAN2003に出展 

新鮮度判定装置を参考出展

 

株式会社サタケ(所在地:東広島市西条西本町2番30号)は、6月10日から4日間、東京ビッグサイトで開催される「2003国際食品工業展(FOOMA JAPAN 2003)」に出展します。本展は、社団法人 日本食品機械工業会が主催する国内有数の大型展示会で、今年で26回目になります。
サタケは、東4ホール(東4O-10)のブースに展示します。

<展示内容>
1. お米コーナー(精米・プラント部門)
テイスティ・ホワイト・ミニ(展示)、スーパージフ・ミニ(実演)、ファイナルソーター(実演)、穀粒判別器(実演)、食味計(実演)などのほか、新鮮度判定装置(実演)を参考出品。

2. 食品コーナー(食品部門)
マジックミル(実演)、マジックIH(実演)のほか、マジックライス(展示)、クリーンワンパス精米機(実演)などを展示。

3. 海外・環境コーナー(海外部門・環境システム部門)
製粉機器、エタノール精米プラント、籾殻発電、堆肥化施設などをパネル展示。

美味しさ・健康・安心を追求するサタケブースへのご来場をお待ちしています。

-新鮮度判定装置について-

<製品名>
新鮮度判定装置(商品名:シンセンサ、SHINSENSA)
<型式>
RFDM 1A
<製品概要>
計測器:米の新鮮度を点数化する装置
<用途>
玄米、精白米*1、無洗米*2の新鮮度を判定する
<コンセプト>
操作性・作業性・再現性に優れた、米の新鮮度を判定する装置
<セールスポイント>
① 新鮮度を点数化できる
② 玄米、精白米、無洗米の新鮮度が判定できる
③ 変質米の判定ができる
<測定原理>
特殊な試薬の色の変化を光学的に測定する(比色光学方式)
<寸法・重量(本体のみ)>
274mm(W)×224mm(L)×145mm(H)、3.5kg
<付属品>
振とう器、小型遠心分離機、その他
<価格>
未定
<発売時期>
7月頃予定
*1 精白米は、玄米に比べて劣化に時間的ズレが生じることがあります。
*2 無洗米は、加工後の経時変化について測定可能とします。
(注) 仕様は予告なく変更されることがあります。

写真は新鮮度判定装置一式および本体

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION