明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成16年7月21日

ユーザー訪問

遠赤マジックドライヤー『ソラーナ』ユーザーの声(2)

--- 静かで乾燥が速いと好評!---

 サタケは、今年「遠赤マジックドライヤー『ソラーナ』」を発売し、麦の乾燥に使用されたユーザーからご好評を頂いております。前回、茨城県の『ソラーナ』ユーザーインタビューをリリースしましたが、第二弾として福岡県のユーザー訪問の結果を下記の通りお伝えします。


▲ 北嶋ライスセンター

▲ 新設のソラーナSDR45ME(左)

▲ 北嶋友春氏

▲ 北嶋氏(左)と福岡クボタの小柳氏

▲ 福岡クボタ柳川営業所の小柳氏

1. 訪問先
北嶋ライスセンター(福岡県)

2. 面談者
北嶋ライスセンター 北嶋友春氏(73)、『ソラーナ』を納入した福岡クボタ柳川営業所 小柳信治氏(46)の2氏

3. ライスセンターの状況
約20年前に、北嶋氏が個人経営のライスセンターとして収穫・乾燥調製の請負業務を始めました。現在の北嶋ライスセンターは、これまでの古い建屋を取り壊し、平成16年4月に竣工されました。今年の5月末から小麦の乾燥を皮切りに稼動を始めています。受託農家は約100軒で農地は合計で50町ほどになりますが、現在、収穫作業は行わず乾燥調製のみをライスセンターで行っています。小麦の収穫シーズンは4人、米のシーズンでは7人程度で作業に当たります。ライスセンターには10台の乾燥機(乾燥総石数:296石)、籾摺機(HPS60など)、選別機(VG60)、石抜機(GA30)などを備えています。10台の乾燥機のうち2台が『ソラーナ』で今年の4月に設置されました。北嶋ライスセンターの特徴として個別乾燥があります。これは農家1軒1軒をそれぞれ別の乾燥機で乾燥するので、農家にとっては自分の収穫した米や麦が他と混ざらず安心して委託することができます。持ち込まれる量によって乾燥機の大小を選ぶという効率も考慮しています。米の収穫・乾燥は9月15日頃(早生:夢つくし)から始まり10月末(ヒノヒカリとモチ米)まで行われます。

4. インタビュー内容

・今年『ソラーナ』を導入されたそうですね?
 →5年前に、サタケのマジックドライヤー(RMDR18)を2台購入し、その後、30石、45石と増設しました。そして、今年4月にRMDR18を1台と、『ソラーナ』2台(SDR30MEとSDR45ME)を福岡クボタ柳川営業所から購入しました。

・サタケの『ソラーナ』を選ばれたのは?
 →このライスセンターには他社の乾燥機も3台あるのですが、お客様から「マジックドライヤーで乾燥した米は美味しい、この乾燥機で乾燥してくれ」と言われることが多く、増設するに当たり、迷わず新型の『ソラーナ』にしました。

・『ソラーナ』を使って良かった点は?
 →まず、乾燥が速いので助かります。それとマジックドライヤーでの実績ですが、米が美味しく仕上がるのが嬉しいですね。やはりお客様本位ですから美味しく仕上がるのが一番です。あと、マジックドライヤーと比べて、電気代や燃料代も少なくて済むことと音が静かですね。

・何か問題点はありましたか?
 →いや、これまで特に無かったですよ。これからの稲が本番になりますね。

・お知り合いに『ソラーナ』を紹介するとしたら?
 →米が美味しく仕上がるということと、早く乾燥することですね。

・『ソラーナ』に点数をつけるとしたら? 
 →マジックドライヤーが90点、『ソラーナ』は95点です。

・ライスセンターのPRをしてください。
 →やはり個別乾燥しているという点ですね。これは他のライスセンターと違うところだと思いますよ。1台1台の乾燥機に農家の名前を書いた名札を貼って、それが終われば籾摺機にその名札を貼ります。このようにすれば、今どの作業をしているか一目瞭然ですし、混ざることはないので農家の方からは大変喜ばれます。

・ありがとうございました。では、『ソラーナ』を納入された福岡クボタ柳川営業所の小柳さんに何か一言頂きたいのですが  
 →『ソラーナ』の稼動状況を見て、静かな乾燥機だと思いました。北嶋さんもマジックドライヤーの性能の良さからサタケを信頼され、『ソラーナ』もスムーズに決まりました。『ソラーナ』はここが初めてですが、静かで米が美味しいので他にも勧めようと思います。実際にこの北嶋ライスセンターを視察してもらうのが一番だと思います。

5. サタケ所感
 北嶋ライスセンターでは『ソラーナ』による小麦乾燥を終えられ、間もなく始まる米の収穫に期待を込められていました。マジックドライヤーで美味しい米に仕上がることを実感されているのは嬉しい限りです。これからも『ソラーナ』をはじめ、サタケの乾燥調製機械で秋の収穫シーズンをお迎え下さい。

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION