明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成18年4月17日

展示会

第二回サタケ九州支店展示会 盛況開催

--- “お米の未来展“に620名の来場者---

 

 サタケ九州支店(福岡県福岡市博多区東比恵4丁目12-12)は、4月11日(火)―12日(水)の2日間、久留米地域地場産業振興センター(福岡県久留米市東合川5丁目8-5)にて、『第二回 お米の未来展 ―応援します!売れる米づくり―』と題した展示会を開催し、昨年の2倍を超える来場者がありました。


 この展示会は、昨年の第一回に続きサタケ九州支店が開催したもので、生産地の担い手・加工業・流通業等の幅広いお客様に、サタケとして「売れる米づくり」の支援をさせていただこうと企画したものです。展示会では、乾燥・調製機関連、精米機関連、検査機器関連などの機械設備を多数実演・展示したほか、「胚芽米」「マジックライス」などの付加価値商品も展示しました。展示会では、乾燥調製機械から炊飯機器までの設備を全てご覧いただけるということで、昨年の2倍を超える620名(昨年は300名)の来場者があり、熱心に見学したり係員に質問をしていました。

 また、“米炊き名人”の三好敏弘氏による講演「炊飯クレーム解決法」のほか、田中養鶏場代表者の田中耕治氏による講演「米の苗作りから販売まで」、食品卸会社ベストアメニティ⑭の代表取締役内田弘氏による講演「雑穀米成功の理由」、サタケ技術者による乾燥・籾摺及び精米技術の講習会が行われましたが、いずれも予想を上回る参加があり、会場が満席になるほど盛況でした。                          

 九州支店の久保田支店長は、「農家に元気になってもらいたい、売れる米づくりに何とか協力したいという思いで開催しましたが、多くの方にお越しいただき大変ありがたく思っています。これからもサタケの総合力を活かし、農業の担い手や加工・流通部門など幅広いお客様の支援をさせていただきたいと思っています。来年もさらに充実した内容で実施したい」と述べました。

展示会場入り口

展示会場受付

多くの来場者でにぎわう

調製機のコーナー

来場者に熱心に説明

無洗米装置も展示

検査機器にも注目が集まる

大盛況だった講演・講習会

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION