明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成20年5月12日

ユーザーインタビュー

「オリジナリティの追求で活路を切り拓く」勝山商店

--- 時代を先取りする安全・安心への取り組み ---

株式会社勝山商店・本社精米工場

 米消費量は減少の一途をたどり、加えてコンタミや不当表示などの問題も明るみになり、厳しい時代を迎えている米穀業界。そんな中でも自らのポジショニングを明確化し、オリジナリティを追求することで活路を切り拓く米穀卸がある。精米年月日の表示モレをチェックする「印字チェッカー」をいち早く導入して返品等に関わるロスを無くし、ネット通販などいろいろな新しい取り組みに挑戦する、株式会社勝山商店の勝山明治社長に取材をした。

代表取締役社長
勝山明治氏

 大阪府南東部に位置する富田林市を中心に、6つの店舗を展開する勝山商店。実際の店舗に加え、最近ではインターネット上でも出店している。楽天市場の「米の専門店 勝山」がそれだ。このネット通販での取引量は徐々に増えてきているという。インターネットページの企画・編集をしているのは勝山明治社長(39)本人。「メールマガジンも週3回発行している」と、こまめな対応が成功の秘訣のようだ。取扱銘柄はあきたこまちがメインだが、粘り気が強く、冷めても硬くなりにくい「ミルキークイーン」なども早くから取り扱っている。「もともと小売りから出発しているので、お客様のニーズを敏感にとらえてこれた」と語る勝山社長。最近要望が増えてきている配達にも、こまめに対応している。

ネットショップ「米の専門店 勝山」
http://www.rakuten.co.jp/katsuyama/

 独自商品の開発にも積極的で、現在の主力商品である「天日乾燥はぜかけ米」は同社の登録商標でもある。この「天日乾燥はぜかけ米」は鳥取産、秋田産、長崎(壱岐)産、青森産などを扱っている。ミルキークイーンについては平成8年頃から扱っているが、秋田産、富山産が中心。「多く作られていない、いわゆる産地ではない所で作ってもらっている」というように、あえて主要産地を外すことで他との差別化を図っている。

上:計量機に組み込まれた印字チェッカー
下:検出された精米年月日の印字

 「偽装表示等の問題から年々、お客様の見る目が厳しくなってきていると感じる」と話す勝山社長。精米年月日の表示についても、以前は目で見てチェックはしていたが、量が多い場合にはとても人の目では見きれない状況にあった。勝山社長が米以外の食品業界を調べてみると、機械による印字のチェックは当たり前だということがわかった。「米の業界がまだあまりやっていないだけ。米業界もいずれそうなるだろう」と考え、設備導入の検討を始めた。そのころちょうどサタケが開発を進めていたこともあり、印字チェッカーの導入を決定、本年初めより稼動を開始した。昨年には金属検出機も導入、安全・安心を保証できる態勢を着々と整えている。

 この印字チェッカーについては当初コンベアタイプでの提案であったが、工場のスペース等の問題もあり組込タイプを要望した。組み込まれる計量機本体もサタケ製だったこともあり、組込タイプの導入はスムーズに進められた。組込タイプにした結果は「場所も取らないし見た目にもスマートで、結果的に良かった」と概ね満足のようだ。

天日乾燥はぜかけ米シリーズ

 勝山社長は「きちっとした商品を出す」ことをモットーに、まっとうな商売を肝に命じて取り組んでいる。取り扱っているものが米である以上、特別なものというのはなかなか無い。だからこそ「何より『お客様の要望には極力応える』ということが大切」だと考えている。具体的には小ロット多品種生産を行って、ニーズに細かく対応するようにしている。「小回りのきく仕事で、大手が行けないようなところに入っていく」いわばニッチで勝負する経営方針だ。あとはスピードを非常に大切にする姿勢が、さらなる顧客からの信頼につながっている。

《会社概要》
社名:株式会社勝山商店
業種:米穀卸売業
創業:明治10年
会社設立:昭和41年
所在地:〒584-0043
    大阪府富田林市南大伴町1-5-38
TEL:0721-23-2336

 今後の取り組みとしては、「天日乾燥はぜかけ米」の産地を広げたいと考えている。この天日乾燥米は大変好評を博しているのだが、量が限られているため全ての需要に対応しきれなくなってきている。「今後は産地を増やし量を確保してお客様の要望にお応えしていきたい」と、勝山社長はどこまでも顧客のニーズに応えようという意気込みを語った。

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION