明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成20年8月18日

新製品

共同乾燥施設用乾燥機「ネオプールドライヤー」発売

--- 低コスト・省スペースで乾燥機更新の投資負担を軽減 ---

 サタケは、共同乾燥施設の乾燥機の更新に対応する低コスト・省スペースの大型循環型乾燥機「ネオプールドライヤー」を3機種開発しました。8月18日から販売を開始します。

ネオプールドライヤー

ネオプールドライヤー

 「ネオプールドライヤー」は、カントリーエレベーター・ライスセンターなどの共同乾燥施設における、「15―30tクラスの乾燥機で低コスト・省スペースの乾燥機が欲しい」というご要望にお応えした新開発の乾燥機です。これまで、既存の乾燥機をより容量の大きいものに更新する場合、乾燥機の費用のみならず乾燥機のサイズ変更に伴う建物の工事費用も必要となることが多いという問題がありました。
 「ネオプールドライヤー」はこのような点を考慮し、(1)お求めやすい価格、(2)従来機に比べて全高を3,700―5,000mm低く抑えたコンパクト設計を実現しました。 販売機種は、籾(※1)容量別に15t(RPDR15A)、20t(RPDR20A)、30t(RPDR30A)の3機種で、麦の乾燥も可能です。
 昭和41年、サタケは循環型乾燥機「テンパリング乾燥機」を世界で初めて実用化し、米の水分ムラを最小限に抑える乾燥を可能にしました。乾燥機の業界パイオニアであるサタケは、コストパフォーマンスの高い「ネオプールドライヤー」を、自信を持ってお勧めします。(※1 水分24%、見掛比重600kg/m3、枝梗(しこう)付き・穂切れ2%以下、その他の夾雑物(きょうざつぶつ)混入率1%時の籾)

 

■お求めやすい価格設定

機種 ネオプールドライヤー(標準タイプ)
RPDR15A RPDR20A RPDR30A
標準小売価格(税込:円) 7,959,000 8,274,000 9,265,200

(上記に付帯設備費は含まれておりません。費用については別途お見積ください。)

■コンパクト設計

機種 ネオプールドライヤー
RPDR15A RPDR20A RPDR30A
全高(mm) 8,042 (従来機種LDR15H:12,416) 9,270 (従来機種LDR20H:14,246) 11,710 (従来機種RLDR30B:15,512)

以上

 

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION