明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成21年7月31日

新製品

農家用小型光選別機「ピカ選」を発売

--- 低価格で5インチクラスの籾摺機に対応した処理能力 ---

ピカ選(FGS-2000)

ピカ選(FGS-2000)

 サタケ(代表:佐竹利子)は、玄米や白米に混入したシラタや着色米などの不良品を選別除去する農家用小型光選別機「ピカ選」を8月1日より発売します。出荷開始は11月1日。

 「ピカ選」は、「5インチクラスの籾摺機ラインに適した性能と低価格の光選別機が欲しい」というご要望にお応えした新開発の光選別機です。近年、水稲の生育期間の高温化傾向によりシラタの多発など米の品質低下を招いています。良質米作りに光選別機は大きく貢献し、その数は年々増加していますが、これまでの光選別機は、主に大型施設向けのため高額であり、農家の籾摺機ラインに適合した製品はありませんでした。

 「ピカ選」は、このような点を考慮し、農家用として設計を一から見直し、量産することにより大幅なコストダウンを可能にしました。そして①メーカー希望小売価格228万円(税込239万4千円)で玄米時間当たり2tの処理能力(FGS-2000)、②昇降機、タンクを一体構造としたオールインワン設計、③このクラス初のフルカラーCCDカメラ搭載(※1)で原料に混入した透明ガラスの選別可能、などを実現しました。販売機種は、処理能力(玄米)が2t/h(※2)のFGS-2000と、同1t/h(※2)のFGS-1000の2機種で、年間目標台数は、1,000台。

 ※1 メーカー希望小売価格500万円以下の光選別機として。2009年7月31日現在、当社調べ

 ※2 原料中の着色粒・異物混入率が5.0%以下の場合の処理能力

参考

特長
  • お求めやすい価格を実現
  • 農家用籾摺機(3―5インチ)に適合した選別・処理能力
  • 昇降機、タンクを一体構造としたオールインワン設計
  • フルカラーCCDカメラ搭載で透明ガラスの選別が可能
除去できる異物のサンプル

ピカ選
機  種標準小売価格(税込:円)
FGS-1000 2,079,000 (税抜:1,980,000)
FGS-2000 2,394,000 (税抜:2,280,000)
操作パネル

仕様
型式
FGS-1000
FGS-2000
寸法(W×D×H)
535x1460x1855mm
機体重量
190kg
所要動力
3相200V 0.8kW
3相200V 1.0kW
必要エア量
120Nl/min
240Nl/min
主な用途 (1)白米・玄米中の着色粒選別
(2)白米・玄米中のシラタ選別
(3)もち白米・玄米中のうるち選別
(4)白米・玄米中の着色/シラタ同時選別
(5)もち白米・玄米中の着色/うるち選別
その他、上記原料中からの異物選別(原料と色の違うもの)

処理能力

玄米
0.2―1.0t/h
0.4―2.0t/h
白米
0.2―1.2t/h
0.4―2.4t/h
カメラ
フルカラーCCD ×2個(前1個、後1個)
操作方式
タッチセンサ式操作パネル
オプション
コンプレッサ(1.5kw相当)
コンプレッサ(2.2kw相当)
標準装備品 エアフィルタレギュレータ、集塵装置、シュートヒーター、ワイパー(光学部用)、スイーパ(光学部用)、エアガン

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION