明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成21年9月9日

提携

澁谷工業と包括業務提携契約を締結

--- 技術開発および営業協力で両社の業容拡大に期待 ---

 この度、澁谷工業株式会社(石川県金沢市 社長:澁谷弘利)と株式会社サタケ(広島県東広島市 代表:佐竹利子)とは、両社間で包括的に業務提携を行うことに合意しました。

契約を交わす澁谷社長(左)と佐竹代表

契約を交わす澁谷社長(左)と佐竹代表

 澁谷工業はボトリングシステムを主業としており、グループ企業内で包装設備や農業用設備、環境設備、工作機械、医療機器など幅広く事業を展開しています。サタケは穀類の乾燥調製加工設備を主業としており、そのコア技術を用いた精米・選別設備や検査機器などを展開しています。両社は昨年から互いに技術交流を進めて参りましたが、 ①両社が得意とするコア技術が異なり、両社の技術を融合させることで新製品の開発が促進される可能性があること、②両社の顧客が一部重複しているにも拘らず、製品系列としてはほとんど重複が無いこと、から幅広い分野で協業が可能との結論に至りました。

 包括業務提携契約は、現在検討中の幾つかの協業作業を円滑に進めるために締結するものであり、具体的な提携内容としては、技術開発と営業協力に関し検討を進めています。技術開発の案件では、澁谷工業が持つ仕分け搬送システムとサタケの持つ光学的検査装置との組み合わせや、澁谷工業の包装装置とサタケの乾燥選別システムや炊飯システムとの組み合わせ等が考えられます。また営業協力に関しては、澁谷工業の子会社が扱う選果システムとサタケの乾燥設備が、同一ユーザーに対する前工程と後工程の関係にあり、協力関係が築けると共に、各社の製品の販路が両社の営業ルートに広げることが可能です。また、海外市場においても互いに協調販売が可能です。

 今回の包括業務提携により、両社の協業体制が堅固なものとなり、両社の業容拡大に寄与するものと期待しています。
                         


以上

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION