明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

平成21年11月25日

新製品

「新型米粒食味計(食味計®シリーズ)」を発売

--- 測定精度の向上や軽量コンパクト化など機能性を向上 ---

新型米粒食味計(RLTA10A)

新型米粒食味計(RLTA10A)

 このたび、サタケ(代表:佐竹利子)は、測定精度の向上や軽量コンパクト化など機能性を向上した「新型米粒食味計(RLTA10A)」を開発しました。平成22年1月下旬より出荷開始します。

 食味計は、玄米や白米などの美味しさ(食味)を点数で表す測定器で、1985年にサタケが世界で初めて開発に成功しました(TB1A型)。その後、炊飯食味計(世界初)や多機能食味計など、市場のニーズや技術の進化に伴い多くの機種を開発し、米の生産地から消費地、そして海外まで様々なシーンで活用されています。
 「新型米粒食味計(RLTA10A)」は従来機RCTA11A型の後継機種で、簡単・迅速な測定機能など従来機の特長を継承しつつ、さらなる機能性の向上を図りました(詳細別紙)。
 主な特長として、①測定精度の向上(近赤外透過連続波長方式※1を採用)、②軽量コンパクト化(従来機比較で重量比20%減、容積比37%減)、③大型カラー液晶タッチパネルの採用、④プリンタ内蔵、⑤USBメモリーに直接データ保存可能、⑥サタケの穀粒判別器との接続(穀粒判別器データの食味計への保存可能)、などの機能を追加しました。希望小売価格(税込)は従来据え置きの3,675,000円で、JAや精米卸などに年間100台の販売を見込んでいます。

 ※1 同時に連続した複数波長で近赤外線透過信号を検出する方式

参考

■「米粒食味計(食味計®シリーズ、RLTA10A)」の主な特長
    1. 高性能

    1)近赤外透過連続波長方式の採用により高精度の測定ができます。
    2)測定部を流れる米を複数回測定するので安定した測定結果が得られます。
    3)米を投入口に入れるだけで簡単・迅速な測定ができます。

    2. 使いやすさ

    1)軽量コンパクト化により設置が容易で、作業机を広く使用することができます(従来機比較で重量比20%減、容積比37%減)。
    2)大型カラー液晶タッチパネルの採用により、操作がさらに簡単になりました。
    3)プリンタ内蔵により外部への接続が不要となり、測定から印字まで自己完結します。
    4)測定終了後のサンプル排出部を開放型にしたことにより、測定後のサンプルを任意の受箱で受けられるため効率よく作業ができます。

    3. データ管理が容易

    1)USBメモリーに直接データが保存できます。
    2)サタケの穀粒判別器と接続することで、食味計(内観品質)と穀粒判別器(外観品質)の測定データを一括管理できます(オプションのUSBケーブル使用)。
    3)オプションの営農支援ソフトを利用すれば、食味計と穀粒判別器のデータを一括管理でき、データベース構築が図れます。

■「新型米粒食味計(RLTA10A)」の主な仕様
型式
RLTA10A
測定対象
国産うるち玄米・白米
測定項目
玄米:食味値、タンパク質、水分、アミロース、脂肪酸度
白米:食味値、タンパク質、水分、アミロース                                 
測定方式
近赤外透過連続波長方式
測定時間
約40秒
測定サンプル量
標準モード200cc(少量モード100cc)
表示器
7インチWVGAカラー液晶タッチパネル
OS
Windows Embedded Standard
外部入出力端子
USB・LAN・シリアル(9ピン)
電源・消費電力
AC100V 50/60Hz 100W
質 量
12kg
寸 法
幅289mm×奥行266mm×高さ336mm
オプション
営農支援ソフト、キーボード、USBケーブル他

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION