明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2010年3月12日

営 業

平成22年度 調製機事業本部基本方針 発表

--- 顧客の信頼と満足を得る基本に忠実な活動を展開 ---

販売好調なピカ選

販売好調なピカ選

 3月12日、株式会社サタケ(代表:佐竹利子)は、調製機事業本部に関する平成21年度事業の結果と平成22年度事業の基本方針を発表しました(詳細別紙参照)。

1. 平成21年度事業の結果(概要)

1) 調製機事業本部の売上は対前年比103%の見込みで、厳しい市場環境の中で善戦したと考えている。

2) ピカ選に発表後多くの注文があり、11月下旬の出荷開始後、約500台を出荷した。業界的にも調製機械は漸減傾向にあるが、農家が必要であると考えているものは、導入(購入)につながる。

2. 平成22年度事業の基本方針(概要)

1) 業界予測:社会背景や農家の高齢化・後継者問題など農家を取り巻く環境を考慮すると、前年比微減あるいは良くて現状維持が妥当な線であると考える。

2) 基本的な考え方:「顧客の信頼と満足を得る基本に忠実な活動」

(1) お客様の利益につながること
(2) お客様のお役に立てること
(3) お客様の要望や困りごとに対応すること

3) 目 標:売上 対前年比105%

4) 施 策:

(1) ピカ選の積極的な販売活動
(2) にこニコキャンペーン(山本製作所との共同キャンペーン)
(3) 乾燥機2年間無償点検の継続実施
(4) 得意先への商品研修強化(商品知識向上)
(5) 女性営業マンの積極的活用



1.平成21年度 調製機事業本部の事業結果

1)業界全般
現在の経済状況下において、政府・自治体なども食料自給率向上(フードアクション)や地産地消の政策等による米の消費拡大を図っているが、米価と米消費量の向上は思惑通りには進んでいないのが現状である。新政権誕生など期待させる面もあったが、農家にとってまだ不透明な部分が多く、機械の購入に結びついていない。ただし、緊急機械リース支援事業により、遠赤外線乾燥機は増加した。

2)売上結果
対前年比103%の見込みで、厳しい市場環境の中で善戦したと考えている。

3)状況・傾向
ピカ選に発表後多くの注文があり、11月下旬の出荷開始後、約500台を出荷した。業界的にも調製機械は漸減傾向にあるが、農家が必要であると考えているものは、導入(購入)につながる。緊急機械リース支援事業については、北海道、東北、北陸など米作中心の地帯が恩恵を受けた。戸別所得補償制度は先行き不透明な部分もあり、大きな期待はできないが農家のマインドには多少影響を与えたと考えている。

2.平成22年度 調製機事業本部 基本方針

にこニコキャンペーン

にこニコキャンペーン

1)業界予測
社会背景や農家の高齢化・後継者問題など農家を取り巻く環境を考慮すると、前年比微減あるいは良くて現状維持が妥当な線であると考える。

2)基本的な考え方
「顧客の信頼と満足を得る基本に忠実な活動」

(1)お客様の利益につながること
(2)お客様のお役に立てること
(3)お客様の要望や困りごとに対応すること

3)目 標
売上 対前年比105%

4)施 策

(1)ピカ選の積極的な販売活動

①全国的規模で積極的PR活動を実施し、より多くの方にご購入いただく⇒セールスプロモーション、ピカ選専用HP開設など
②ピカ選のPR活動による他機種への波及効果も期待

(2)にこニコキャンペーン(山本製作所との共同キャンペーン)

①第1回(1月1日―3月31日):抽選は4月
②第2回(4月1日―6月30日):抽選は7月

(3)乾燥機2年間無償点検の継続実施
農家の安全・安心のため継続して実施、また、販売リピートにつなげたい。

(4)得意先への商品研修強化(商品知識向上)
得意先のセールスマンにサタケの商品知識を十分に習得してもらう。

(5)女性営業マンの積極的活用

①現在1名の女性営業マンが活躍しているが(新潟営)、10名程度に増やしたい。
②物腰が柔らかく、細やかな女性の特性を活かした営業力に期待する。

5)新製品・注目製品

(1)「ピカ選」は、今年いよいよ農家の籾摺調製作業で本格的な稼動が始まる。
(2) 乾燥機「ソラーナ」を「+2石タイプ」に改良変更した(30石以上の機種)。サイズと価格はそのままに、張り込み容量を2石アップしたもの。
(3)「ネオライスマスター」はマイナーチェンジ。選別板上の蛍光灯のLED化による長寿命・省電力、揺動板カバー前面部への点検窓新設による選別状態の視認性向上、ロールカバーの形状変更によるロール交換の容易化などを実現。
(4)米麦選別機「ネオライスグレーダー」に新機種として、最大処理能力2700kg/hのNVG45Vを追加した。

6)その他(増川常務執行役員 調製機事業本部長のコメント)

(1)好不況は捉え方次第であり、心の持ち方によって変わる。考え方1つで好不況を作る。
(2)確かに厳しい経済・市場環境ではあるが、創意工夫で難局を切り拓いて行きたい。
(3)調製機事業本部も厳しい中、前年比103%になったということは、「気」では負けていないということである。
(4)いつも「ニコニコ明るい笑顔で、楽しく」という思いを持つことで「福の神」が宿る。お客様に愛されるためには、「サタケが来ると元気で楽しくなる」と言われるようにならなければならない。
(5)営業マンは、毎日楽しいと感じる仕事をすることが、結果的に社会貢献につながるということを理解してもらいたい。
(6)有名な教訓として「カキクケコ」がある。「カ」は「カンドウ(感動)」、「キ」は「キョウミ(興味)」、「ク」は「クフウ(工夫)」、「ケ」は「ケンコウ(健康)」、「コ」は「コウキシン(好奇心)、コッキシン(克己心)」と言われているが、最後の「コ」については「コイゴコロ(恋心)」を持つことも大切であると思っている。すなわち、それはときめく心であり、ワクワク感であり、胸の高鳴りである。これを持ちながら仕事をしていきたい。
(7)このような心を持つことで、さらにお客様を明るく元気にして、サタケを使いたい、サタケを売りたい、という気持ちになっていただきたい。

以上

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION