明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2010年6月8日

展示会

FOOMA JAPAN 2010 開催

--- サタケ 「食の未来を考える」をテーマに ---

展示会場の様子


 本日6月8日(火)、東京ビッグサイトで「FOOMA JAPAN 2010 国際食品工業展」がスタートし、サタケ(代表:佐竹利子)も「食の未来を考える ―安心と健康の願いをこめて― 」をテーマに東2ホールに出展しました。
なお、同展示会は11日(金)まで開催されます。




 サタケは「食の未来を考える ―安心と健康の願いをこめて― 」をブーステーマとして食の安全・安心を見守る製品や技術を展示し、健康・美味しさをサポートする食品や製品を紹介しています。
展示ブースでは (1)選別機器 (2)検査・分析機器 (3)穀物調製加工機器 (4)環境関連機器 (5)食品関連機器 (6)二次加工設備(炊飯関連)機器 (7)付加価値関連機器の7つに分けて、製品の実演やパネル展示などを行っています。

選別機の説明を聞く来場者


 会場では、センサ(電子の目)で穀物などに混入する異物を選別・除去する光選別機の実演や、レンジで1分30秒あたためるだけで本格的な味が楽しめるパックご飯「楽メシ」に注目が集まりました。また、米粉製粉機や新型の金属検出機なども多数の来場者が見学されていました。
 展示会場は東2ホールのS-17で、開場時間は午前10時―午後5時です。

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION