明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2010年9月6日

新製品

共同乾燥施設用の新型「自主検定装置」を発売

--- 市場のニーズに対応したエコノミータイプ ---

自主検定装置

自主検定装置

 サタケ(代表:佐竹利子)は、共同乾燥調製施設(以下「共乾施設」)用の設備として、乾燥籾や乾燥麦の整粒歩留(※1)が検定できるエコノミータイプの「自主検定装置(PI30C)」を9月1日に新発売しました。

 カントリーエレベーターやライスセンターなどの共乾施設では、各農家で収穫された生籾や生麦を連続的に受け入れ、乾燥、調製などを行います。その際、農家ごとに少量のサンプルを採取し、自主検定装置によって乾燥籾や乾燥麦の整粒歩留を検定し、各農家の持込量を公平に算出しています。
 しかし、近年になって営農集団などの小規模事業形態が増え始め、集荷形態も変化してきました。共乾施設でも集荷率が減少した所も見られるようになり、現行機種のPI60Cよりも処理能力を抑えた、エコノミータイプの自主検定装置の開発が望まれるようになりました。

 今回発売するPI30Cは、このようなニーズに応え、検定処理能力をPI60Cの1/2(30件/時間)としました。また、検定データの出力方法を、従来の光ファイバーによるパソコンの通信に、新たにUSBメモリによる保存機能を追加。籾摺、粒選別作業によって発生する籾殻などの処理についても、配管を経由して室外に排出する従来の方法に、新たに専用の籾殻袋に溜めた後に回収する方法を追加し、それぞれの組み合わせを自由に選択できるようにしました。さらに、オプションのバーコードリーダーで、荷受時に発行されたバーコードを読み取ることにより、検定に必要な、荷受月日や荷受ナンバーなどの入力作業を省くことができます。

 これまで分割されていた操作部と表示部はタッチパネルに集約。操作手順やエラー内容が文字で表示されるようになり、操作が簡単になりました。主要機構である籾摺部や粒選別部はPI60Cと同じ機構を採用。高度な検定が行えます。
 なお、標準小売価格は2,625,000円(消費税込。選別金網1本付)。年間販売目標台数は50台(詳細別紙)。
 (※1) 精選前の総重量に対する乾燥、調製作業を経て精選された良品の割合。


以上

「別紙」

■「自主検定装置(PI30C)」の主な特長

1. 選べるシステム構成

(1) 検定データの出力方法を、従来の光ファイバー通信に加えて、新たにUSBメモリ保存機能を追加。
(2) 籾殻処理は、室外排出する従来の方法と籾殻袋による回収の選択が可能。
(3) バーコードリーダー(オプション)により、荷受時に発行されたバーコードの読取が可能。

2. 快適な操作性

操作部と表示部をタッチパネルに集約。操作手順やエラー内容が文字表示されるようになりました。

3. 高い検定精度

主要機構である籾摺部や粒選別部はPI60Cと同じ機構を採用。高精度な検定が行えます。

■「自主検定装置(PI30C)」の主な仕様

型 式
PI30C
対象原料 乾燥籾、乾燥麦
最大処理能力(※2) 30件/時間
必要サンプル量 籾:500cc 麦:400cc
籾摺部 3インチ幅ロール式
粒選別部 回転ドラム式 金網1本
金網目幅 1.75 1.80 1.85 1.90 1.95 2.00
2.10 2.20 2.30 2.50等
計量部 デジタルロードセル式
データ出力 USBメモリ(CSV形式)
データ記憶件数(本体) 最大500件
寸法(mm) 幅 1,800×奥行 700×高さ 1,835
電 源 三相 200V 1.8kW
質 量 350kg
オプション バーコードリーダー等

(※2)弊社試験データであり、原料条件及び使用環境などによって異なります。

■ 価 格

  2,625,000円 (消費税込。選別金網1本付)

以上


(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION