明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2010年12月2日

新製品

新型光選別機を新発売

--- コストパフォーマンスの高い新時代の光選別機 ---

  サタケ(本社:広島県東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、米穀店、精米工場およびライスセンター向けとして高性能・低価格の新型光選別機(型式:ES01AM)を開発し、12月1日より販売を開始しました。


 昨今、米穀業界でも食の安全・安心への対応が進んでおり、コンタミネーション防止やトレーサビリティ対応など、様々な取り組みが行われています。一方、消費者の関心や要求レベルが高まるにつれ、生産者サイドの設備・対応コストが増加し、業界では高性能かつコスト負担の少ない装置・システムが求められていました。サタケはこのような状況に対し従前の考え方や技術を革新し、市場のニーズに的確に応えるべく新型光選別機「ピカ選グランド」を開発しました。
 は、昨年発売し好調なセールスを記録している農家用小型光選別機「ピカ選」の新しい設計思想を継承しつつ、業務用光選別機「マジックソーター」を超える選別精度の高さと低価格を実現した、コストパフォーマンスの高い新時代の光選別機です。うるち米・もち米に対応し、処理能力は玄米で0.4―2.6トン/時間、白米で0.4―2.9トン/時間。
 性能面の特長として、フルカラーCCDカメラ(RGB対応)を新開発し、「フルカラーCCDカメラ+近赤外線カメラ(NIR)+デジタル画像処理」のサタケ独自の技術により、1)光の三原色である赤・緑・青(RGB)の情報を取り込み、良品と色合いの差が少ない不良品を高精度に選別除去する、2)NIRにより良品と同色の異物(樹脂・石・ガラス等)を高精度で選別除去する、3)高い選別精度による歩留りの向上などがあります。また、機能・操作面では、4)光源を蛍光灯⇒冷陰極管(CCFL)、ハロゲンランプ⇒LEDに変更し性能向上と高寿命化、5)指先で画面をスクロールできる業界初の大型タッチパネル採用による直感的な操作、6)メンテナンスが必要なパーツは容易に取り外し可能などを実現しました。さらに、7)メーカー希望小売価格を6,900,000円(税込7,245,000円)に設定。同クラスの従来機(マジックソーターRMGS210)の11,700,000円(税込12,285,000円)に比べ約41%のプライスダウンとなっています。年間販売目標は1,000台。

以上

別 紙


■ の主な特長

1.選別精度が高い

高性能フルカラーCCDカメラ・近赤外線カメラとサタケ独自のデジタル画像処理により、不良粒の性状を捉えて確実に除去できます。


   高精度カメラユニット


   選別のしくみ


2.歩留りが高い

胚芽残存粒や活青粒の選別精度が高まったことにより、歩留りが向上しました。

3.操作が簡単

大型カラー液晶タッチパネルと新しいヒューマンインターフェースの採用により、指先で画面をスクロールでき、直感的な操作が可能になりました。

     大型カラー液晶タッチパネル

4. 安定性が高い

サタケ独自の自動画質調整機能と高寿命光源である冷陰極管(CCFL)とLEDの採用により、安定した性能を維持することができます。

     高寿命光源「CCFL & LED」

5.メンテナンスが容易

メンテナンスが必要なパーツは容易に取り外しが可能ですので、運転終了時の清掃が簡単に行えます。

■ の主な仕様

型式ES01AM
処理能力 ※1玄米:0.4―2.6(t/h)
白米:0.4―2.9(t/h)
主な用途1.うるち:玄米・白米
2.もち:玄米・白米
3.その他(小麦・大麦・乾籾・雑穀・ペレット等)※2
所要動力三相200V 1.5kW
エア消費量240(Nl/min)
センサフルカラーCCD×2基
NIR(近赤外線カメラ)×1基
光 源CCFL冷陰極管、近赤外線LED
搬送機フィーダー×2基、2次選別用昇降機×2本
耐久時間36,000時間
操作パネル液晶タッチパネル
機体質量230kg
    

※1処理能力は、原料中の不良品混入率によって異なります。
※2その他原料については別途オプションのソフトウエアが必要です。
   また処理能力は原料の状態、種類によって異なります。


■ 寸 法

■ メーカー希望小売価格

6,900,000円(税込7,245,000円)



(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION