明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2011年1月26日

サービス

DNA品種鑑定分析サービスに80品種追加

--- 話題の新品種や飼料米など246品種の鑑定が可能に ---

DNA品種鑑定分析作業の様子

 このたび、サタケ(東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、DNA品種鑑定分析サービスの鑑定可能品種に話題の新品種や飼料米など80品種を追加しました。これにより、鑑定可能総数はこれまでの166品種から246品種に拡大され、実質的にほとんどの国産米の品種鑑定が可能になりました。


 サタケは、2003年よりDNA品種鑑定分析サービスを開始し、これまで数多くの分析サービスを受託するとともに、鑑定可能品種の拡大に取り組んできました。

 このたび、80品種(うるち米34品種、もち米23品種、酒造好適米4品種と新たに飼料米19品種)を追加し、鑑定可能総数が従来の166品種から246品種に拡大しました(別紙参照)。

 この結果、うるち米・もち米・酒造好適米は国内作付面積網羅率で98%以上となり、ほとんどの品種が鑑定できるようになりました。また、「つや姫(山形)」や「ゆめぴりか(北海道)」などの話題の新品種や飼料米も鑑定可能になり、分析サービス利用者の利便性が高まりました。

 なお、分析料金は従来通りです。詳しくはサタケホームページ(分析サービスサイト)をご覧ください。

 

以上

別 紙




(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION