明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2011年2月3日

記 念

サタケ 創業115周年を迎える

--- 独自技術でさらなる世界の食文化への貢献を目指す ---

創業115周年記念ポスター

 本年3月3日、サタケ(本社:東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は創業115周年を迎えます。


 サタケは、明治29(1896)年、創業者の佐竹利市が日本で初めて動力精米機を考案し生産したことに始まります。以来、長きにわたり穀物加工技術の研究開発を重ね、精米機をはじめ収穫から食卓に上るまでの全ての加工機械を提供できる企業として、日本はもとより世界140ヶ国以上のお客様にお使いいただいています。

  現在では、食の「安全・安心・美味・健康」をコンセプトに、「精米のサタケ」から「精米と選別のサタケ」へ展開。「ピカ選」、「ピカ選GRAND」に代表される最新鋭の光選別機を市場に投入。選別分野以外にも、事業領域を種子の段階から遺伝子・酵素分析などナノテクノロジーの分野や、炊飯・パックご飯など二次・三次加工食品の分野にも拡大。また、米の機能性成分に着目し、健康や美容によい機能性米の研究や、循環型農業の実現を目指したバイオマス技術・発酵技術などの研究開発にも注力しています。

 本年、115周年を迎えられたのもお客様をはじめ、多くの方々のご支援・ご協力のお陰であり、これからもお客様のお役に立ち、喜ばれる製品の研究開発を積極的に進め、独自技術で微力ながら世界の食文化に貢献したいと考えています。  

創業115周年記念ロゴ(和文)

創業115周年記念ロゴ(和文)

創業115周年記念ロゴ(英文)

創業115周年記念ロゴ(英文)

 

以上


(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION