明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2013年10月21日

新事業

GABA米粉パンの店「パン&マイム西条店」を開店

― GABAライスの認知・普及と六次産業化推進の一環 ―

 サタケ(本社:東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、GABAライスの認知・普及と農業の六次産業化推進の一環として、GABAライスを使った米粉パンの販売店「パン&マイム西条店」を、10月24日(木)午前10時30分に「おむすびのGABA西条店」の敷地内に新規開店します。


「パン&マイム西条店」の外観

「パン&マイム西条店」の外観

 サタケは、GABAライスの美味しさや栄養価を多くの消費者に知っていただくため、2011年12月、東広島市西条町に「おむすびのGABA西条店」を、2013年5月には東京都千代田区外神田に「おむすびのGABA秋葉原店」をオープンしました。現在、GABAライスの認知・普及のアンテナショップとして大きな役割を果たしています。


 この活動をさらに進めるため、GABAライスの米粉を使用した米粉パンの販売店「パン&マイム西条店」を10月24日(木)午前10時30分にオープンします。店舗は「おむすびのGABA西条店」の敷地内に設けます。販売にあたり、サタケが農事組合法人ファーム・おだ(所在地:東広島市河内町小田2517-5、組合長:吉弘昌昭)で生産された米をGABA米粉に加工し、パンの製造を同組合に委託します。営業時間は午前10時30分~売り切れまでとし、約20種類のGABA米粉パンなどを販売します。1日の販売目標は300個。店舗はテイクアウト専門ですが、隣接する「おむすびのGABA西条店」での飲食が可能です。


 ファーム・おだは、2005年に設立された農事組合法人で、安全・安心な農産物栽培と六次産業化を目指しています。米・大豆・小麦・野菜などの栽培のほか、米粉パン工房「パン&マイム」を経営しています。サタケは農業や畜産業などの六次産業化を唱えており、このたびのGABA米粉パンの店名は、ファーム・おだとの六次産業化推進における協同体制の一環として同一店名としました。


以上

参考

【パン&マイム西条店の概要】
  • 店舗名:「パン&マイム西条店」(呼称:パントマイム サイジョウテン)
  • 事業主:株式会社サタケ
  • 所在地:〒739-0042 広島県東広島市西条町西条東808-1
  • 敷地面積:86.95m2(26.35坪)
  • 建物面積:平屋建て25.48m2(7.72坪)
  • 電話番号:082-421-0148
  • 開店日時:2013年10月24日(木) 午前10時30分
  • 定休日:毎週火曜日
  • 営業時間:午前10時30分~売り切れまで
  • 販売品目:GABA米粉パン 約20品目、GABA米粉を使用したクッキー、ドーナツなど
  • 製造方法:ファーム・おだで生産された米(籾)⇒サタケでGABA米化と製粉(GABA米粉)⇒ファーム・おだでGABA米粉パンを製造(委託)⇒店舗へ
  • 販売方法:テイクアウトのみ(「おむすびのGABA西条店」での飲食可)
  • 駐車場:8台分(「おむすびのGABA西条店」と兼用)
  • 販売目標:GABA米粉パン300個/日

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION