明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

2015年2月2日

新事業

2/10「おむすびのGABAワイキキ店」オープン

― GABAライスの認知・普及を目的に初の海外店舗 ―

 サタケ(本社:東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、海外でのGABAライスの認知・普及を目的に、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市に海外初の店舗となる「おむすびのGABAワイキキ店」を2 月10 日にオープンします。


「おむすびのGABAワイキキ店」の外観

「おむすびのGABAワイキキ店」の外観

 「おむすびのGABAワイキキ店」は、海外でのGABAライスの認知・普及を目的としたアンテナショップで、これまでの日本国内の3店舗(西条店・秋葉原店・そごう広島店)に続く海外初の店舗として2月10日にオープンします。


 美味しく健康に良いGABAライスをハワイの方々にも食べていただき、その健康パワーと日本米の美味しさ、良さを知っていただきたいと考えています。また、ハワイは世界的観光地として情報発信力が強く、アンテナショップの設置に適しており、日系人や日本人観光客も多いことも海外店舗としての魅力に富んでいると考えています。


 「おむすびのGABAワイキキ店」は、ホノルルでも有数のコンドミニアムが立ち並ぶ人口密度の高いエリアにあり、テイクアウト専門店として、オープン当初は「塩」「鮭ほぐし」など5品目程度のGABAおむすびとお茶などの飲料を販売し、ニーズや状況を見ながら徐々に品目を増やす計画です。また、お客様に新鮮なGABAライスを自宅で食べていただけるよう、GABA玄米を販売直前に精米する「今摺り米」も提供します。通常ハワイではアメリカ本土や日本から送られた白米を使用しますので、鮮度低下が気になりますが、今摺り米による搗きたての美味しさをPRできる絶好の機会になると考えています。なお、GABAおむすびや今摺り米に使用するGABA玄米は、サタケでGABA加工した広島県産ヒノヒカリをハワイへ発送します。


 今後、ワイキキ店の運営状況も勘案しながら、さらなる海外展開を図る計画です。


以上

別紙

【おむすびのGABAワイキキ店の概要】

  • 1.店舗名:「OMUSUBI GABA Waikiki」(おむすびのGABAワイキキ店)
  • 2.事業主:Satake Honolulu Inc.
  • 3.所在地:438 Hobron Lane,#107,Honolulu,Hawaii 96815
    (アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市)
  • 4.電話番号:+1-808-946-2515
  • 5.開店日:2015年2月10日
  • 6.定休日:未定
  • 7.営業時間:午前8時〜午後6時
  • 8.販売品目・価格
      (1)GABAおむすび5品目程度(塩むすび、GABA玄米むすび、
      鮭ほぐしむすび、昆布むすび、明太子むすびなど)1.5〜2ドル/個
      (2)今摺り米(GABA玄米を店頭精米し販売)11.99ドル/kg
      (3)お茶などの飲料
  • 9.販売方法:対面販売(テイクアウトのみ)

「おむすびのGABAワイキキ店」の外観

以上

(本件へのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION