明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

No.15-046 / 2015年12月3日

多用途光選別機「ピカ選αPLUSアルファプラス」を新発売

― 形状選別機能を搭載し、より幅広い原料に対応 ―

ピカ選αPLUS

 サタケ(本社:東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、形状選別機能を搭載し、より幅広い原料に対応した多用途光選別機「ピカ選αPLUS」を、11月25日より販売開始しました。


 サタケは2014年、雑穀や種子、プラスチックなど多様な原料に対応した、シンプルで安価な光選別機「ピカ選α」を発売、さまざまなユーザー様より好評をいただいています。一方で、割れた原料や原料同士が固着したものなど、良品と同色の形状不良品については、従来の色彩による判別では選別が困難でした。


 このたび開発した「ピカ選αPLUS」は、形状選別機能を搭載しています。従来の色彩による選別に加え、形状の違いによる不良品選別が可能となり、より幅広い原料に対応します。


 光選別に必要な検量線(原料の種類ごとに設定される、判別基準の初期設定データ)については、簡単な操作で作成できる「自動検量線作成システム」を搭載。ピカ選αと同様、迅速に検量線を作成できます。


 また、選別ホッパや不良品排出口は、工具なしで簡単に取り外せるため、清掃などのメンテナンスが容易に行えます。


 価格はオープン価格。農産物加工・流通業者などへ、年間20台の販売を見込んでいます。


以上

別紙

ピカ選αPLUSの詳細

■特長

1.形状選別機能を搭載
 従来の色彩による選別に加え、割れた原料や原料同士が固着したものなど、良品と同色の形状不良品選別が可能となり、より幅広い原料に対応します。





2.自動検量線作成システム
 光選別に必要な検量線(原料の種類ごとに設定される、判別基準の初期設定データ)を簡単な操作で作成可能。種類の異なる原料を選別する場合も、迅速に検量線を作成できます。







3.簡単メンテナンス
 選別ホッパや不良品排出口は、工具なしで簡単に取り外せるため、清掃などのメンテナンスが容易に行えます。








■選別のしくみ


 シュート上を流れてきた原料一粒一粒を、表裏両面からフルカラーカメラでチェック。不良品・異物と識別されたものを、エジェクタノズルから噴射する圧縮空気によって選別・除去します。



■仕様

型式FMS2000-F
処理能力 ※10.5~2.0t/h
主な用途 ※2雑穀、種子、工業製品(プラスチック等)
供給方式フィーダ供給方式
センサフルカラーCCD × 2基
光源CCFL(冷陰極管) × 6本
シュート平シュート/U溝シュート (240mm幅)
エジェクタ5mmピッチ×48個 (小粒用/大粒用)
操作パネルカラータッチパネル
所要動力0.6kW(単相200~240V)
必要エア量小粒用 220NL/min、大粒用330NL/min
必要集塵量 ※35L/min
機体質量160kg
外部入出力インターロック入力、アラーム出力

※1 処理能力は、原料の種類や原料中の不良品混入率、選別設定により異なります。
※2 原料の性状により、選別できないものがあります。
※3 別途集塵設備が必要となります。



■寸法図(単位:mm)


以上

(本リリースへのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION