明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

No.17-024 /2017年9月11日

日食優秀食品 機械・資材・素材賞を受賞

― 食品分野で導入進む多用途光選別機「BELTUZA(ベルトゥーザ) XeNO(ゼノ)」  ―

BELTUZA XeNO

 9月8日に第一ホテル東京(東京都港区)にて開催された、日本食糧新聞社制定の「第20回日食優秀食品 機械・資材・素材賞」表彰式において、サタケ(本社:広島県東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)の多用途ベルト式光選別機「BELTUZA XeNO」が、機械部門での表彰を受賞しました。


 「日食優秀食品 機械・資材・素材賞」は、食品界をバックアップする機械と資材・素材業界の力強い発展を期して、顕彰と感謝を表すために、日本食糧新聞社が1998年に制定したもので、今年で20回目を迎えました。対象製品は、食品機械・機器、包装資材のほか、添加物や香料・機能性原料・食品原料など、品質と効率の向上に役立ち、食品業界をサポートするすべての機械・資材・素材です。選考にあたっては、各業界の代表、学識経験者で構成する選考委員会において討議され、食品業界の販売増進・活性化に寄与し、新規性の高い製品の創出に役立ったものや、業界に新しい発展をもたらした機械・資材・素材が選定されます。


 今回受賞した「BELTUZA XeNO」は、2016年9月に発売した、農産物や食品、工業製品など幅広い原料に対応する多用途ベルト式光選別機です。色彩の違いによる不良品・異物の選別に加え、形状の違いによる選別機能を搭載し、割れた原料や原料どうしが固着したものなども選別・除去できます。さらに、近赤外線による選別機能を搭載し、原料と同色の石やプラスチック、陶器、ガラスなども選別できます。


受賞ロゴマーク

 高い精度の選別性能と、衛生面・メンテナンス面に優れたステンレスボディの採用などが評価され、発売以来、農産物・食品分野を中心に、国内外合わせて10台の受注をいただいています。このような点が評価され、今回の受賞につながりました。なおサタケは、2001年に無洗米製造装置「ネオ・テイスティ・ホワイト・プロセス」、2008年に「光選別機シリーズ」(マジックソーターなど)、2011年には農家用小型光選別機「ピカ選」で、同賞を受賞しています。


以上

別紙

光選別機「BELTUZA XeNO」について

■特長

 1.変色したものや原料と異なるものなど、色彩の異なる不良品・異物を選別できる

 2.割れた原料や、原料同士が固着したものなども、形状で識別して選別できる

 3.石やプラスチック、陶器、ガラスなど、原料と同色の異物を選別可能

 4.原料の種類ごとに必要となる、判別基準の初期設定が簡単にできる

 5.衛生面・メンテナンス面に優れたステンレス製ボディ

 6.光源には、高輝度・高演色性・長寿命のLEDを採用


■選別のしくみ

 ベルトコンベアにて搬送された原料を、上下からフルカラーカメラでチェックし、色彩や形状の違いを識別するとともに、近赤外線カメラにより石やプラスチックなど、原料との材質の違いを識別します。異物・不良品と判断したものを、空気噴射ノズルからの圧縮空気により除去します。


■仕様

名  称BELTUZA XeNO
型  式 CSV600BM
処理能力※1 0.1~6.0(大豆中粒の場合)t/h
主な用途※2 ・ 豆類、ナッツ類
・ 食品(菓子等)
・ 種子
・ 工業製品(リサイクルプラスチック等)
供給方式 電磁フィーダ供給方式
ベルト 材質 ポリウレタン(食品衛生法適合品)
形状 有効幅:650 mm   有効長:1,680 mm
光学部 カメラ フルカラーCCD×4個,NIRカメラ×2個
光源 白色LED×6本,NIRLED×4ライン
エジェクタバルブ 5mmピッチ×136個(小粒用/大粒用)
所要動力2.4kW(単相 AC200~220V)
外形寸法(最大) 幅1,246×高さ1,694×奥行2,458 (mm)
機体質量約800 kg

※1 処理能力は、原料の種類や原料中の不良品混入率、選別設定により異なります。

※2 原料の性状により、選別できないものがあります。


以上

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION