2008国際食品機械工業展 サタケブース展示機種紹介
マジックソーター(シュート式光選別機)
展示
CCDセンサー、NIR(近赤外線)センサー2つの電子の目で、食品に混入する異物・不良品を選別・除去する光選別機。今年の出展機は新たに大型カラータッチパネルを搭載し作業性を改善したほか、画像を使ったシミュレーション機能や流量・混入率計測機能を搭載し、より調整が容易になりました。
フルカラーベルトソーター(ベルト式光選別機・マルチタイプ)
展示・実演
光の三原色である赤・緑・青の情報を取り込んで選別対象(不良品)を識別するフルカラーベルトソーター。新たにNIR(近赤外線)センサーを搭載しました。色の差が小さい不良品に加え、原料と同じ色の異物を正確に選別・除去します。サタケでは様々な原料を選別できるよう、ベルト搬送式の光選別機を多数開発しています。
フルカラーベルトソーター(ベルト式光選別機・ウェットタイプ)
展示
食品工場などで濡れた状態の原料の選別を可能にしたベルト搬送式の光選別機です。フルカラーカメラを搭載し、濡れた豆類や穀物など加工食品原料の選別に威力を発揮します。衛生面にも配慮し、水洗いも可能なステンレス製です。
海苔選別機
展示・実演
板海苔に付着する小えび等の魚介類、ペンキ片等の異物や板海苔自体の穴あき・欠けなどを選別・除去するベルト搬送式光選別機です。本体には衛生管理に優れたステンレスを採用しているので、より清潔さが求められる食品工場に最適です。