明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

無洗米のはなし「無洗米の製法」

■スーパージフライス(SJR)方式

まず通常の精米機で表皮と粗ぬかを取り除きます。
次に湿式精米部にて、米に水を加え、微粉ぬか層をはく離します。
つづいて除糠部にて、米と水、ぬか分を分離します。
最後に仕上げ部にて、風を利用し米の表面に残った水分を除去します。

スーパージフライス(SJR)方式の無洗米製造装置

SJR2A, SJR05A, SJR025A, SJR010B

■ネオ・テイスティ・ホワイト・プロセス(NTWP)方式

通常の精米機で表皮および粗ぬかを取り除きます。
米にごくわずかな水を加えて、米の微粉ぬか層をやわらかくします。
熱付着材(タピオカ等)を入れてかき混ぜることにより、ぬかが熱付着剤に吸着します。そのようにして、うまみを残したまま軟らかくなった微粉ぬか層だけを取り除きます。
最後に、米と熱付着材を分離します。熱付着材は、リサイクルシステムにより再度利用されます。

ネオ・テイスティ・ホワイト・プロセス(NTWP)方式の無洗米製造装置

NTWP100A, NTWP50B, NTWP20B, NTWP05A

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION