明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

No.16-028 / 2016年9月12日

多用途ベルト式光選別機BELTUZA (ベルトゥーザ) XeNO (ゼノ)を新発売

― 近赤カメラを使って原料と同色の異物選別が可能に ―

多用途ベルト式光選別機BELTUZA XeNO

 豆類業界、加工食品業界、菓子業界など幅広い市場向けに開発された多用途ベルト式光選別機「BELTUZA (ベルトゥーザ)」に、近赤外線を利用した異物選別機能を持つ「XeNO (ゼノ)」が加わりました。フルカラー色彩選別、割れた原料や原料同士が固着したものなどを形状で認識して選別できる形状選別機能のほか、新しく搭載された近赤外線カメラで原料と同色の異物(石、プラスチック、ガラスなどの無機物)も同時に認識して選別することができます。


 また、多用途に対応するため検量線(原料の種類ごとに設定される、判別基準の初期設定データ)を簡単な操作で作成できる自動検量線作成システム「サタケ・スマート・センシティビティ」を搭載。さらに食品製造工場での設置を考慮して、清掃が容易にできる分割構造のステンレスボディを採用。原料を供給するフィーダ部も取り外せるので、使用目的に応じて製造ラインからの供給方法をカスタマイズできる構造になっています。


 多用途ベルト式光選別機「BELTUZA (ベルトゥーザ) XeNO (ゼノ)」のメーカー希望小売価格は2,150万円(税抜)※。販売目標は初年度10台です。


※標準仕様の価格です。オプションが別途必要になる場合があります。


以上

別紙

多用途ベルト式光選別機BELTUZA (ベルトゥーザ) XeNO (ゼノ)の詳細

■特長

1近赤外線(NIR)カメラとフルカラーカメラを搭載
 新しく近赤外線(NIR)カメラを搭載し、原料と同色の異物(石、プラスチック、ガラスなどの無機物)検出ができます。フルカラーカメラと併せて、色彩、形状、近赤外線の3種機能を同時に使用した選別も可能になりました。
2.「形状選別機能」を搭載
 割れた原料や、原料同士が固着したものなどを形状で識別して選別できます。 回転金網などを用いた選別機に比べ原料へのダメージが少なく、歩留の高い製品を製造できます。
3.検量線を簡単に作成できる
 光選別に必要な検量線を簡単な操作で作成できる、サタケ独自の自動検量線作成システム「サタケ・スマート・センシティビティ」を搭載。簡単、迅速に検量線を作成できます。またタッチパネルもビジュアル性に優れたデザインを採用し、使いやすさも大幅に向上しました。
4.衛生面に配慮した構造
 ステンレス製ボディは清掃が簡単に行えるよう、分割構造。原料を供給するフィーダ部はアタッチメント方式を採用することで簡単に取り外して清掃できるほか、使用目的に応じて製造ラインとの連結を考えた構造にしました。
5.比重の軽い原料にも対応
 原料供給ベルトコンベアの速度を低速に設定しており、選別の難しい比重の軽い原料にも幅広く対応します。
6.高輝度・高演色性LEDを採用
 光源には明るく、色を忠実に再現するLEDを採用し、蛍光灯に比べ約10倍(当社比)の長寿命化を実現しました。

■選別のしくみ

ベルトコンベアにて搬送された原料から、新しく搭載された近赤外線(NIR)カメラユニットで原料と同色の石・プラスチック・ガラスなどの無機物を検出、同時に2方向からフルカラーカメラで色や形状が異なる異物・不良品を検出して空気噴射ノズルからの圧縮空気により除去します。




■仕様

型式CSV600BM
処理能力※1 0.1~6.0 t/h(大豆中粒の場合)
主な用途※2 ・ 豆類、ナッツ類、種子、食品(菓子など)
・ 工業製品(リサイクルプラスチックなど)
供給方式 電磁フィーダ供給方式(取り外し可能)
ベルト 材質 ポリウレタン(食品衛生法適合品)
形状 有効幅:650 mm   有効長:1,680 mm
光学部 カメラ フルカラーCCD×4個、NIRカメラ×2個
光源 白色LED×6本 NIRLED×4ライン
エジェクタバルブ 5mmピッチ×136ヶ(小粒用/大粒用)
清掃装置 ワイパ、スイーパ
所要動力 2.0kW(単相 AC200~220V)
必要エア量 1000~1500 Nℓ/min
必要集塵量 10㎥/min
機体質量 約800 kg
オプション (1) 整粒ローラー(2)集塵口付不良品ホッパ(3)寒冷地ヒーター
(4)ブロワ(5)バッファーシート(良品の緩衝用)

※1 処理能力は、原料の種類や原料中の不良品混入率、選別設定により異なります。
※2 原料の性状により、選別できないものがあります。

■寸法(単位:mm)



以上


(本リリースへのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION